« 秀鳳 出羽の里 | トップページ | 米原駅から新旭駅へ »

2007年7月20日 (金)

出発前に軽く一杯

夏休みを利用して家族で旅行に行きました。

半可通の家族旅行といったら、蔵見学も兼ねるのが定番です(嫁的には必要ないみたいですが)。目的地は福井県。なぜ福井県かというと、嫁の祖母・伯母・いとこが住んでいるから。嫁の祖母に曾孫の顔をまだ写真でしか見せていないのと、嫁のいとこが結婚したので、結婚のお祝いを渡すのも兼ねての旅行です。

家族で福井には2泊したのですが、半可通だけは2泊だけではなく夜行バスの車中泊がプラスされます。嫁子の1日目は、朝10時半東京駅発の新幹線に乗って15時に現地に着く予定。半可通だけは仕事終わりで夜行バスに乗り、1日目は朝早くから現地で自由行動。嫁子たちが着く15時までが、半可通の自由時間(蔵見学)の時間にしてもらえました。一応5蔵の場所をチェック。その中で1つだけはアポ済みでした。天候と体力と持ち時間次第で、最低3蔵最高5蔵行けたらなぁ~と皮算用。

その自由を得た代わりに、嫁子の荷物まで半可通が持ち歩くことに・・・。まぁ子供を連れて移動は大変ですからね。荷物くらいは持ってあげるのは仕方ない。おかげで蔵見学するのに、ソウル行ったときに使ったゴロゴロがついたバッグ(満載)での移動となりました。

 

仕事を終えて22時過ぎに池袋に着きました。これから22時50分の池袋発のバスに乗ります。まだ時間もあるし、ご飯も食べていないし、軽く飲みたいので飲み屋に向かう。

時間に余裕があればお酒が色々ある「酒菜家」に行きたかったのですが、バス乗り場が東口だし荷物も多いからバス乗り場近くの「呑菜」に入りました。中をのぞくと1階はほとんど埋まっています。一人くらい座れかな?と店員さんに聞いたら、ちょうどカウンターに一人分空いていて、すぐに座れました♪

この「呑菜」もそこそこ日本酒があるお店です。その色々あるなかで、半可通の行動範囲の酒屋さんにはない「村祐 夏の生酒吟醸」を注文。瑞々しい甘さですっきりした軽い酸にほんのり効いた苦み。味も余韻も上品なサイダーのようです。これは暑い日の最初に一杯にいいかも。でも「村祐」好きな人には物足りないんじゃ・・・。

2杯目もこれまた行動範囲にはない「王禄 超辛」。はじめて王禄を飲みました。しっかりした旨みときれいな酸がふくらんで、すっきりした辛さでキレ。余韻はミネラルっぽい苦み。しっかりした旨みはあるけど、きれいな味わいですね。水が美味しいのかな?

と、この時にはもう22時35分。もう一杯飲みたいところですが、コンビニにも寄りたいし、仕方なく〆。普段一人で飲みに行っても、これくらいでスッと席を立てれば大人なのになぁ~と思いながらバス乗り場に。

さぁこれからバスに乗って、まずは米原へむかいます!米原到着は朝の5時。

バスで寝られるといいなぁ~。

 

つづく

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 秀鳳 出羽の里 | トップページ | 米原駅から新旭駅へ »

コメント

酒のためなら妻子も捨てるぅ♪
 
どこから突っ込めばいいんだ(^^;

投稿: トール | 2007年7月21日 (土) 08時00分

トールさん

酒のためではありませんよ。

一応建前的には、
「新幹線よりも安いから夜行バスで旅費を浮かそう」
です。

家計を考えた主の選択です。
帰りは新幹線の指定席で帰りましたけど(笑)

投稿: 半可通 | 2007年7月21日 (土) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168107/7128900

この記事へのトラックバック一覧です: 出発前に軽く一杯:

« 秀鳳 出羽の里 | トップページ | 米原駅から新旭駅へ »