2007年11月24日 (土)

福島美酒体験 うつくしまふくしまJIZAKE FESTIVAL

続きから

「福島美酒体験 うつくしまふくしまJIZAKE FESTIVAL」へ行ってきました。

Dscn0895 

 

 

 

 

開場前に来ていた参加者(十数人)が並ばされる。さすがにいい夫婦の日のイベント、カップルや中年のご夫婦の方が多い。まぁ友達のいない半可通みたいに(笑)、一人で参加する方が珍しい。

それにしても、開場前にこれだけ待っている人達が少ないイベントも珍しい。このイベント、参加者少なそうでラッキー♪と思いました。(この考えは甘かった)

 

そして開場。

入り口で出品リスト、お猪口、つまみを入れる容器を受け取る。

Dscn0900 

 

 

  

 

まずは写真撮影(笑)

Dscn0896 

 

 

 

 

Dscn0897 

 

 

  

 

 

済んだら漬物とベーコンみたいのを貰って奥の暗いお酒ブースに突入。(ブロガー泣かせ)皆さん食べ物コーナーに張り付いていて、半可通が先陣を切るようにお酒ブースに向かう。

まずは曙酒造へ。

この前はありがとうございましたとお礼。一通りのお酒をいただきながら、まだ誰もここへ貰いにこないので、お酒に全く関係ない話(笑)を少し。

いただいたのは・・・。

「天明 純米本生」

「天明 亀の尾火入れ」やっぱり美味い♪

「天明 五百万石大吟醸5年熟成」老ねなしで美味

「一生青春 大吟醸」

「天明 2005年のお酒(ご主人が作った山田錦で造った県内限定のお酒)」米の力強さがあって美味。

071122_175934 

 

 

 

 

071122_175944 

 

 

 

 

暗くて携帯で撮った写真がブレブレ(泣)英語が読めません・・・。

ご馳走様でしたと告げ、移動。

次は夢心酒造へ。

いただいたのは・・・。

「夢心 純米大吟醸」

「夢心 大吟醸」

「ゆめごころ 無濾過生原酒」これ本醸造の1年物!?という美味さ。まだフレッシュ感がある。

「奈良萬 純米大吟醸」

まだ空いていたので「奈良萬と夢心は何が違うのですか?」と質問。奈良萬は原酒なんですね。

ご馳走様を告げ、移動。

隣の大和川酒造店へ。

いただいたのは・・・。

「今朝しぼり」昨日搾ったばかりのお酒。美味。

「大吟醸 山田錦」

「カスモチ純米原酒 しぼりたて」これは去年の。うわっ、美味。甘~いんだけど、(日本酒度-20)くどくなくて好み♪

ご馳走様を告げ、移動。

次は国権酒造へ。

いただいたのは・・・。

「特撰大吟醸 国権」

「純米大吟醸原酒 国権」美味。

「特別純米 国権夢の香」

「山廃純米 国権」冷やとお燗でいただく。クセがなくていい感じ。蔵の人も2周目で飲んでもらいたいとおっしゃっていたお酒。

「純米生貯蔵酒てふ」これもなかなか美味。

「仕込水」

ご馳走様を告げ、移動。

開当男山酒造へ。

一通りいただく・・・。(書くのが面倒くさくなった)

「秋あがり山王丸」美味。

ご馳走様を告げ、食べ物ブースへ移動。

練り物系やソーセージ(美味)こんにゃく(バカ美味くて何度もおかわりした)をいただき、またお酒ブースへ戻る。

この辺りから段々と混んできた。

入り口近くの鶴の江酒造へ。

「会津中将 特別本醸造」(無濾過中汲み55%)うわっ!これめちゃくちゃ美味いぞ!

蔵の人に絶賛。「本醸造というだけで飲んでくれない人がいて・・・」なんて話していましたが、そんなツマラン拘りで幸せスルーな連中に飲ませることはありませんよ!しかも、この特本造りの量は少ないみたいだから、むしろ飲ませないで!

「会津中将 生純米原酒」

「会津中将 大吟醸」

「会津中将 純米酒」

「純米大吟醸ゆり」

いや~、最初にいただいた特本のインパクトがありすぎた。 

ご馳走様を告げ、移動。

(この辺りで混んできてメモできず・・・。)

大七酒造へ。

定番の「大七 生もと」

「箕輪門」おっ、これ美味い。生もと以外のを初めて飲んだよ。

それにしても「美味しんぼ」に取り上げられたと、漫画のコピーを見せているあたりはさすが(笑)規模が違うと、この辺の営業力に差が出ますね。

その後適当に数蔵まわる。

玄武本店へ。

「あぶくま 純米吟醸山田錦」おっ美味いぞ。

「あぶくま 大吟醸無濾過原酒」もいただく。

持ってきたのはこの2本だけみたい。自信あるのを持ってきた感じかな?

大谷忠吉本店へ。

「白陽 阿」

「白陽 云」

は兄弟で造ったみたい。兄が阿、弟が云みたい。半可通は兄者の方が好き。

大木代吉本店へ。

この蔵の「自然郷」はよく見るなぁ。

「一貫造り」美味。

「さわやか瓶貯蔵」本醸造のこのお酒もなかなかいい感じ。

蔵の人に「これダラダラ飲んじゃいそうですね」というと、「私もこれ好きなんですが、本醸造というだけで飲んでいただけないんですよね」。あれっ?さっきも聞いたような(笑)

花春酒造へ。

「濃醇 純米酒」安いのに甘みしっかりでいい感じ。

四家酒造店へ。

「特別純米ふくみ」甘いけど酸があるので、くどくない。

冨沢酒造店へ。

「大吟醸 亀の尾氷温10年熟成」古酒感がなくて飲みやすい。美味。しかし、もっと熟成させたお酒が他所の蔵にはあるらしく、10年なんてまだまだみたい。ひぇ~、凄い話だ。

 

7時過ぎからは人が多くて疲れる・・・。

トイレのある通路なんかは姥捨て山状態(失礼)で、多くの女性が座り込んでる。おそらく夫婦できて、旦那は酒、女房は食い物担当だったんじゃないかと想像。それにしても、いい年して地べたに座りこむなんて民度が・・・。

食べ物ブースも貰う人の方が多すぎて、切ったり焼くのが追いついていかない感じだったし。

なので7時半過ぎにはお暇しました。最後に「会津中将」の特本と「天明」を1杯飲んで、こんにゃく食べて〆。

次の日は、勤労できることに感謝しつつも、半可通はお休みじゃないので帰ります。

本当はかんだ光寿(以前、武蔵境の酒屋さんから奨められた)に行ってみたくて、地図をプリントアウトしていたけど、これ以上飲むと危険(今日は一人だし)なのと明日は休日で混んでそうだから・・・と諦める。 

帰りは有楽町まで歩き、地下鉄で池袋。池袋で本屋により、地元で担担麺を食べて帰宅。酔っ払って買わなくていいものを買っていないし、帰宅後ちゃんとシャワーを浴びたり、お土産撮影したり、記憶もばっちりだし、珍しいぞ俺!(笑)

お土産。

Dscn0901 

 

 

 

 

 

まぁ、池袋で購入した美味しんぼ100巻を読みながら、いつの間にかリビングで寝ていたけど(笑)

 

いや~、福島の美味しいお酒を色々飲んじゃいました♪福島レベル高いです!うわっマズっ!というお酒がなかったし。

来年もできたら参加したいですね♪

ただ注文もある。

出品リストにブースの案内図があるのですが、お酒の銘柄で書かれていたり、蔵の名前だったりで非常に見づらい!蔵の名前に統一して欲しいです。

あとお水は蔵のブースで注いでもらわなくてもいいでしょ。お酒を注ぐのに忙しいのに、お水まで・・・。水だけ置いておく場所を作ってもいいんじゃない?と思いました。

あと写真が撮りずらいので(笑)、照明は暗くなくていいですから!

DJいれたり、クラブ風にしなくても・・・。人混みの感じは、確かにクラブ風でしたが(笑)

 

最後にゲストのなべやかんフォト。

071122_183519 

 

 

 

 

右端がやかん。右から2番目は松崎さん。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

無料試飲会に行ってきた

よくいく酒屋さん主催の無料試飲会に行ってきました。

今年もなかなかの盛況ぶり。なんでも今年はmixiにこのイベントの書き込みがあったみたいで、それを見て来店された方が結構いたみたい。すげーなmixi。そして何の影響力も及ぼさないこのブログ(笑)

 

店長さんなどに挨拶もそこそこで、まずはこのコーナーへまっしぐら。

071117_193102 

 

 

 

 

利き酒コーナー。

AからEまでのお酒が何かを当てるイベント。これを当てると新酒がもらえる。初参加の昨年はほろ酔いで利き酒し、見事ゲット。まぁ去年は簡単だったからね。

今年も当てる気満々なので、酔う前に・・・酔う前にやらなくちゃ!

当てる銘柄はこれ。

071117_193226 

 

 

 

 

今年は、にごり酒やわかりやすい神亀はないのね。うわ~、春鹿って飲んだことないよ・・・。当てれるかな?

まずはAから・・・。

うん、ジューシーな甘旨酸。獺か雨後月だな。

Bは・・・。軽快なお味。いち蔵か八海さんだな。

Cは・・・。程よい旨みに辛口のキレ。たぶん春しかだな。

Dは・・・。これも軽快なお味。いち蔵か八海さんだな。

Eは・・・。バランスよい甘みと酸。これが雨後つきだろ。

ということで、BとDを悩んだ結果はこう。

Image 

 

 

 

※これ外れてます。投票後に店長と話をしてこれのヒントを聞いたのですが、(店長も答えは知らない)味以前の問題で絞れるみたい。それを聞いたら、外してました。なので今年は新酒ゲットならず・・・。

 

さぁ一仕事終えたし、クイクイ利き酒しちゃうぞ♪

071117_205820 

 

 

 

番号順にクイクイいく・・・。

まずは1番の「喜久泉 吟醸」から。うん、なるほど。

その後は「まんさくの花」や「天の戸」などクイクイいただく・・・。

おっ!「陸奥八仙 吟醸中汲み」よりも「陸奥男山 特本初しぼり」の方が美味いぞ!へぇ~意外だ。

おっ、「春霞」美味いなぁ~。

おっ、「くどき上手 日本杉錦515」がある♪いただく。うん、予想通りの味。

おっ「くどき上手 山田穂」もある♪これは購入予定で、おとり置きしてもらっているお酒。いただく。思ったほど味がのっていないかも。

おっ、「来福」も色々あるぞ♪

まずは「愛山」。うん、美味い。

この前飲みきった「雄町」もいただく。うん、こんな感じ。

「山田錦」うん、なるほど。

家で飲み、苦手な風味があった「亀の尾」もいただく。うん、家にあるのと同じ感じで苦手。

おとり置きしている「山田穂」もいただく。うぉ、美味いぞ!これは当たりだ♪

火入れ「神力」もいただく。これはお燗向きだな。

 

その後も色々クイクイいただく・・・。印象に残っているのは・・・。

「天明 純米」ジュワッと美味いなぁ~。

「秀鳳 恋おまち」これもジュワッと美味いなぁ~。

聞いたことのない「杉並木 純米 栃木米14」。おっ、美味いぞ。

「水尾 特純」きれいで美味いなぁ~。ひやおろしじゃなく、これ買えばよかった・・・。

おっ、「志太泉 純米」美味いぞ。米の旨みがしっかりで意外。

「黒牛 純吟火入れ」美味っ!火入れもいいなぁ~。

「旭鳳 八反・山田錦・新千本錦」お燗向きでいい感じだ。

「日置桜 山田錦80」。米の旨みがしっかりなのに雑味なくて美味いなぁ~。

この辺り。

 

「古伊万里」「東龍」「香の泉」とか知らないお酒もいただいたりして、いや~堪能した♪

このイベントに参加すると、家で飲みたいお酒が増えちゃって困ります(笑)

近所の方は2日かけて全種類制覇したり、初日で全部制覇したのに次の日もくる猛者や、厚木から来た猛者もいたりするみたい。

今日は最終日だし、天気もいいから混むだろうなぁ~。意地汚い半可通でもさすがに2日続けては無理なので、今日は家でおとなしくしています。

行かれる方は楽しんできてくださいな。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

福島美酒体験 うつくしまふくしま JIZAKE FESTIVALの当選ハガキ

メールで応募していた「福島美酒体験 うつくしまふくしま JIZAKE FESTIVAL」

昨日当選ハガキが届きました。

Dscn0712 

 

 

 

 

やった!

意気込みとしては、いい夫婦の日(11/22)にナイスカップル&ご夫婦を蹴散らしながら(極悪)、天明や奈良萬などをグイグイ飲んじゃうぞ♪

 

ただクロークないのが痛いなぁ~。この時期は自分の上着が邪魔だし、他人のバッグとかブースで邪魔なんですよね。特にサラリーマンのアタッシュケースとかバッグ。

 

そして意外とウザイ2、3人の女性ユニットが少ないといいなぁ・・・と思いつつ、当日は全蔵制覇の為に暴走機関車になる予定です。

半可通に近づくと怪我するぜ!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

20周年を祝う

よくいく酒屋さんの20周年を祝う会に図々しくも参加させてもらいました。

池袋の「酒菜家」でお世話になった方々を呼び、美味しい料理とお酒で20周年を振り返る会。

そんな会で昔からの常連さんに酒屋さんにまつわるエピソードを色々聞く・・・。知らないことばかり。20年も営業していると色々ありますね。

 

呼ばれている皆さんに比べて酒屋さんとの付き合いが浅いにもかかわらず、図々しく参加し遠慮なくお酒をグイグイ飲む半可通(笑)

そんな祝う会には「舞姫」の社長さんもご出席。

以前蔵に行ったときに蔵を案内していただいたお礼を言う。そして舞姫の出品酒クラスの大吟醸を社長さんに注いでもらっちゃった♪

071111_200207 

 

 

 

 

う~ん、さすがの美味さ♪

そしてこれまた珍しい2升半(確か)あるお酒。「十九」の益益繁盛という純吟袋取り1年熟成(あってますか?)をいただく。ラベルはこの会にもご出席されていたイラストレーターの方が、昔の店長を描いた絵らしい。

躍動感があっていい絵だ。

071111_200157 

 

 

 

 

まずは一口・・・。うわっ、これ美味い♪酸がきつくなく、きれいな旨みがいい感じでまろやか。これは美味いぞ。

あとはテーブルに置いてあったお酒達(翠露から十九から他にも色々)を手当たり次第いただく。いい感じであったまったところに(体ではなく気分が)、「先生に描いてもらったら?」と店長の一言をいただいたので、これまた図々しくも高瀬先生のお隣へ・・・。

何人かの方が似顔絵を描いてもらっていたので、図々しくも半可通の似顔絵も描いていただく。

描いていただく前は、描いていただいた絵をブログに載せようかな?と思っていましたが、あまりにも特徴をとらえ過ぎていてアップできません!(笑)激似です。

数秒顔を見て、特徴をとらえスルスルと描くって凄いなぁ~。

その後は高瀬先生に色々お話させていただく・・・。お酒の話や顔の特徴の話など勉強になるなぁ~。

その後は近くに置いてあったお酒を手当たり次第にグイグイいただく。

そしてお祝いの席も終了。美味しいお酒と料理ご馳走様でした。

その後は数人でお向かいの「てしごとや」へ。閉店間際だったので軽く一杯。閉店後は、近くのラーメン屋さんに行きビールとラーメンで〆。日本酒グイグイ飲んだ後のビールは美味いなぁ~(笑顔)

本職の方がいたので、「てしごとや」でもラーメン屋さんでもお酒の話を色々聞けて大満足♪

楽しい夜でした♪

 

高瀬先生似顔絵ありがとうございました。

いつもお世話になっている酒屋さんへ。

20周年おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

無料試飲会のお知らせ

無料試飲会のお知らせです。

主催は半可通がちょくちょくイベントなどに参加させていただいている酒屋さん、

「酒泉 たつなみ」

です。

日時:11/16~18日、時間はたぶんオープンクローズ

場所:たつなみ店内

地図:http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E7%B7%B4%E9%A6%AC%E5%8C%BA%E9%AB%98%E6%9D%BE4%E4%B8%81%E7%9B%AE12%EF%BC%8D15&ie=UTF8&ll=35.754053,139.628463&spn=0.008045,0.010407&z=16&om=1

 

昨年初めて半可通も参加させていただきましたが、50種類以上の日本酒を試飲させてもらいました。

なぜ無料でそんなことを?と聞いたら、試飲したお酒に対して、味の評価や値段に見合った味かとかラベルは?などのアンケートが目的みたい。

そのアンケートを蔵元さんに送って、参考にしてもらう為に始めた無料の試飲会とのこと。 

 

お店に来たことない人も気軽に参加してくださいとのことです。試飲してアンケートを書いて、ついでに店の冷蔵庫を物色していってくださいな。(HPに出していないお酒多数です)

毎年このイベントだけに参加する方もいらっしゃるみたいだし(普段は買いに来ないみたい)、どうぞお気軽に・・・。

半可通は仕事の都合次第ですが、どこかで参加するつもりです。おそらく行けるのが夜なので、参加される方はなるべく昼間にご参加を・・・。半可通様の邪魔だからね!(笑)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

2007 秋の吟醸酒を味わう会3

続きから

またまた会場を移動して、四国や九州の会場へ移動。

このあたりから吟醸酒ばかり飲みすぎて、ちょっと飽きてきた。 

ここの会場は、あまり馴染みがないお酒ばかりで悩む・・・。まずは九州の「天山酒造」へ。

「純米大吟醸 以心伝心」「大吟醸飛天山 受賞酒」をいただく。

うん、大吟だ。

そしてこの蔵のテーブルの端っこをみたら「七田」のお酒が・・・。「あっ、ここは七田の蔵なんですか?」と今頃気づく。

「七田は旨みと酸がきいていて美味しいですよね~」などと言いながら、今年初めて造ったという「七田 純米大吟醸」をいただく。

うん、味がある純米大吟醸で美味い!

そしてここのブースで飲んでいたら、となりにでっかい人影が・・・。

ちらっと見たら、うわっ写真家の那智健二さんだ!大きい背を丸めて酒瓶見てる。人見知りの半可通は話しかける勇気もなく、その場を後に・・・。違和感なく場に馴染んでいて、びっくりした!(笑)

 

次は愛媛の「梅錦山川」へ。

「山川」「秀峰」をいただく。

「秀峰」はすっきりした程よい旨みの吟醸でいい感じ。

 

そしてそろそろ最初の東北・関東の会場に戻ることに。

まずは「島崎酒造」へ。

「東力士 鑑評会出品酒」「東力士 純米大吟醸瓶囲い」をいただく。

この辺りから熟成感や出品酒はきつい・・・。東力士の美味しさがわからなくなってきたので移動することに。

 

次は出羽鶴・刈穂と書かれた「秋田清酒」へ。

蔵の人に「同じ蔵なんですか?」と尋ねると、同じ会社でも蔵は10キロ離れていて、別々に造っているみたい。へぇ~そうなんだ。

まずは「出羽鶴 純米大吟醸出品酒」をいただく。

おっ美味いぞ♪この飽きた状態でも美味しくいただける。

次は「刈穂 大吟醸出品酒」をいただく。

うわっ、これも美味い!

続いて「刈穂 純米大吟醸 銀千樹」をいただく。

これも美味い!

最後は「出羽鶴 純米大吟醸 五年封印酒」をいただく。

あっ!これは今はダメ(笑)入っていかないです。

次はまた秋田の「日の丸醸造」へ。

ここの営業さんには以前お酒の会でお世話になったので、挨拶を・・・。

挨拶がすんだら、「H18BY鑑評会金賞酒 まんさくの花」「山廃純米大吟醸 まんさくの花」「純米吟醸 まんさくの花」をいただく。

いただきながら「亀の絵が書かれた亀の尾のお酒が美味しかったです」というと、あのラベルは社長が書いたと教えてもらう。それならいっその事、お酒全部を社長の手書きラベルにしちゃえばいいのに(笑)

 

お次は「夢心酒造」へ。

コメントをくださる陶さんが、「奈良萬ひやおろし」が美味しいと教えてくださったので、それを目当てに向かう。

ブースの前に立ってお酒を見る。うわっ、すべて「夢心」だ。

蔵の人に「今日は奈良萬はないんですか?」と尋ねると、「ここが奈良萬の蔵ってわかる人の方がすくないですよ」とのこと。

しかも吟醸酒協会のイベントなので、精米歩合55%?か50%?じゃないと置いちゃいけないみたい。う~んそれは残念・・・。ぜひ来年は参考商品で持ってきてください(笑)

「大吟醸 夢心 斗瓶囲い」をいただく。

うわっ、美味い♪

「大吟醸 夢心 十年貯蔵」をいただく。

う~ん、老ね感もなくさっぱりスルッと入る。これなら吟醸に飽きた今もスルスル飲める♪

「純米大吟醸 夢心」をいただく。

うん、これも美味い。

 

次は「南部美人」へ。

「南部美人 大吟醸斗瓶囲い 雫酒」「南部美人 純米大吟醸 愛山」をいただく。

うん、さすが南部美人。

 

次は「浜千鳥」へ。

「浜千鳥 大吟醸斗瓶囲い」をいただく。

う~ん美味い♪

「浜千鳥 純米大吟醸」をいただく。

これもいいぞ。

「浜千鳥 吟ぎんが純米大吟醸」をいただく。

おっ、美味い。これ好きだなぁ~。

 

お次は久しぶりの「出羽桜酒造」へ。

「出羽桜金賞受賞酒」「出羽桜 氷点下5年熟成大吟醸 雪漫々」「桜花吟醸酒 山田錦」をいただく。

「桜花吟醸」美味いなぁ~。

 

 

そして最後に「山梨銘醸」へ。

「七賢 大吟醸原酒 中取り」「七賢 純米大吟醸 大中屋」「七賢 大吟醸 中屋伊兵衛」をいただく。

なるほど~。 

 

この辺で開場から1時間ちょい。体調悪いし、飽きたし、この辺でおいとましましょう♪クロークで荷物を受け取り、手土産をいただいて会場をあとに。

ちなみに手土産はこれ。

Dscn0397 

 

 

 

 

今回は会場が色々わかれていて、なんだか見逃していた蔵が多かったですね。たとえば「龍神酒造」や「末廣酒造」や「開当男山」など。

でも「雲乃井」や「刈穂」など美味いお酒を発見できて良い会でした。

まぁ相変わらずガツガツと出品酒だけ飲みまわっているせこい人達や、注がれて当然みたいな態度の人多数、1合利き猪口を持参している人など色々。参加者の質は(自分を棚に上げ)ホント低いっ!

これが課題だね(偉そうに・・・) 

 

おまけ

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

2007 秋の吟醸酒を味わう会2

続きから

お次はここでしか飲む機会がない「本田商店」へむかう。

まずは「龍力 米のささやき秋津」をいただく。

う~ん、味がしっかりのっていて美味いなぁ~。

次は春のイベントで初めていただいた「龍力 龍仕込みepisode1」をいただく。

うぉっ、春よりも格段によくなってる♪香りだけでなく飲み応えもあっていい感じ。

 

次はここもおさえなきゃね!「高砂酒造」に向かう。

春のイベントに参加されてなかったので心配でしたが、秋のイベントには参加されていてよかった♪

まずは「高砂 山廃あらばしり」からいただく。

うん、美味い♪でも、もっと寝かしたいなぁ~。

次は「中屋 純米大吟醸 愛山」をいただく。

上品な甘みで美味いぞ♪

お次は「高砂 純米吟醸 雄町」をいただく。

うわっ、これ美味い!中屋の雄町よりもこっちの方が好き♪

最後は「中屋 大吟醸」をいただく。

さすがに春頃飲んだ時よりも、味がのってきていて美味いです。

蔵の人に「中屋大吟醸、春よりも味がのって美味しいですね~」とか「ちょうちんボトルの山廃好きなんですよ」など会話していたら、「酒販店さん?」と聞かれる(笑)

いいえ、全然違います!ただの酒好きです。

こういうイベントに参加すると、馴れ馴れしく(ずうずうしい?)あーだこーだ聞くからか、酒販店や一度ライターにも間違えられたしね(笑) 

 

さぁお次は蔵の人と目が合ったので(笑)、「森本仙右衛門商店」へ。

「黒松翁 斗瓶取り 大吟醸」「黒松翁 純米大吟醸アベリア花酵母仕込み」「黒松翁 純米大吟醸 カーネーション仕込み」などいただく。

う~ん、個人的に米の旨みがあれば花酵母でもいいけど、磨いたお米に花酵母って何かフワフワしていて好きじゃないなぁ~。花酵母じゃない大吟醸の方が、美味しかったです。

 

お次はここも押さえておかなきゃね、「関谷醸造」へ。

まずは以前飲んで美味しかった「蓬莱泉 純米大吟醸 花野の賦」をいただく。

うん、これ美味いなぁ~。半可通の好みだと、蓬莱泉は生の方が好きなんですよね~。

お次は飲んだことのない「蓬莱泉 吟醸 酒造の詩」をいただく。

純米大吟醸の後だと、ちょっと薄く感じますね。

「空」「吟」「朋」もあったけど、今回はいいや。

 

とりあえずこの辺で中国地方の会場へ移動。

さぁまずは入り口近くの「千代むすび酒造」へ。

まずは「千代むすび 強力 ひやおろし」をいただく。

う~ん惜しい!まだまだ若い印象。

そして、蔵の人と強力話。

お次は「千代むすび 純米大吟醸 忠」「千代むすび 大吟醸斗瓶囲い しずく酒」をいただく。

うわ~、斗瓶美味すぎ♪

次は隣の「李白酒造」へ。

「李白 斗瓶囲い」「李白 純米大吟醸」などいただく。

蔵の息子さんと、「今年から造ったという花酵母のお酒美味しかったですね♪」など会話。

 

そしてお次は「利守酒造」へ。

「山廃純米吟醸 秘伝」「純米大吟醸 赤磐雄町」火入れと生、「酒一筋斗瓶取り」をいただく。

斗瓶美味いなぁ~。

 

そしてお隣に移動し「今田酒造本店」へ。

今回は八反草ばかり!

「富久長 八反草斗瓶囲い」「富久長 八反草38%」「富久長 八反草50%」をいただく。

斗瓶は何年か寝かしたお酒だったので、バカ美味っ。38%(確か1年熟成)は斗瓶と比べちゃうと、まだまだ若い。八反草って寝かした方が美味しいですね。勉強になりました。

 

長くなったので続く

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

2007 秋の吟醸酒を味わう会1

続きから

飯田橋駅で同行者と待ち合わせ。

地下鉄出口で待っている間にも、有名飲み屋さんやイベントでよく見る方々が通り過ぎていく・・・。そこに開運の社長も通り過ぎる!小さい紙袋を持っていたから、ご飯でも買いにいったのかな?それにしても、飯田橋を歩いていると普通のおじさんだ♪(すいません)

今回の会場は、飯田橋から歩いて数分にあるホテル「メトロポリタン エドモント」。こういうイベントがホテルだとクロークがあって助かります。まずは受付を済ませてクロークに荷物を預ける。(お酒運ぶ用のリュックだけどね)

Dscn0395 

 

 

 

 

開場まで今回の出品リストを眺めて暫し待つ・・・。

近くに座っている女性達が「まずは空と吟だよね~」などと会話している。

ふふふ、若いなぁ~♪ブロガーともなると、まずは(出品酒以外の〉ここでしか飲めないお酒や美味い蔵の希少酒をまず攻めるのだ!(笑)

リストを眺め、まず初めにチェックするお酒を探す・・・。

「開運 問い合わせ大吟醸」?何それ?要チェックやぁ!

「くどき上手 バーチャル44」?何それ?要チェックやぁ!

「田酒 山田穂」!?うわゎっ!絶対飲んでやる!!

チェックを済ませ開場数分前に並ぶ。すごい行列だなぁ~と思っていたら、行列が二手に分かれる。そこで受付近くのすぐ手前の部屋も会場だということに気づく。

あっ、なるほど!通路を挟んで会場がいくつかあるのね。

行列の流れで、まずはその近くの会場に入る。

まずは、かっ開運はどこだ?とキョロキョロ・・・。みっ見当たらないぞ!ここは東北などの会場ということに気づく。そしたらまずは西田酒造店だ!

部屋の隅の田酒のブースへ・・・。まだ空いているぞ♪

もちろん最初は、「田酒 山田穂ください!!」

クイッ。

うわっ、美味い♪

今でも充分美味いけど、これはまだまだ味がのるぞ!

社長に「これ(山田穂)家にあるけど、まだ開けてないんですよね~」と言うと驚かれる。それだけ数がないんだろうなぁ~。

次は「善知鳥 大吟醸」をいただく。

これも美味い♪

次は「田酒 山廃純米大吟醸」をいただく。

うわっ、これ美味すぎ!

〆は「田酒 純米大吟醸斗瓶取り」

う~んさすがの味だよ・・・。

西田酒造では注がれるたびに、終止「美味いですね~」の連呼(笑)この蔵の上のクラスは美味すぎます。ご馳走様でしたと告げて移動。

 

お次は「亀の井酒造」

社長の奥様に「バーチャル44って何ですか?」と尋ねると、酒未来の大吟醸みたい。あ~なるほど、それでバーチャルね・・・。そしてその出品予定だったバーチャル44は、蔵の在庫が無くなってしまい急遽予定になかった「出羽の里」を持ってきたみたい。

まずは「くどき上手 雄町」からいただく。

うん、美味い。でももっと味がのって欲しい感じ。

次は「くどき上手 出羽の里」

上品かつ、しっかりした旨みで美味いなぁ~。

次はここでしか飲めない「くどき上手 命」

うわ~、さすがの味です♪

最後は「くどき上手 愛山」

う~んこれも美味いぞ♪去年飲んだときは開栓して2日くらいで甘さが強くなって苦手だったけど、今日は美味いなぁ。

 

目当ての2蔵をチェックしたので、別の会場へ移動。目指すは「土井酒造場」だ!

Dscn0396 

 

 

 

 

開運は、東海&信越などのエリア会場にありました。

今回は社長と息子さんがブースに立っていました。さすがに他のブースよりも混んでいます。皆さん出品酒目当てな感じですが、半可通はまず

「問い合わせ大吟醸ください」と口開けをいただく。えっ!?開始から10分は経っているのに皆さんいただいていないの?

開けてもらう時に社長さんに「問い合わせ大吟醸って何ですか?」と尋ねる。そうしたら、蔵に忘れていた?か何かで置いていたお酒があったので、商品になるかどうか今回参考商品で持ってきたみたい。

まずは「問い合わせ純米吟醸12年古酒」をいただく。

あまり古酒っぽくなく、旨みが程よくのった感じ。苦みがやや強いかな?熟成感も感じます。

次は「問い合わせ大吟醸12年古酒」をいただく。

旨み程よくさらにきれいになった感じ。苦みはこれもやや強い。これも熟成感があります。

う~ん、どっちも微妙・・・。悪くは無いけど、熟成感があるからダメは人はダメかも。半可通は好みじゃなかったです。

次は「出品酒BY18」をいただく。

う~ん、さすがの美味さ♪

次は「出品酒BY9」をいただく。

うわっ!バカ美味っ!熟成感がなく旨みとまろやかさだけがプラスされた感じ♪飲めて幸せだ~。

後はこれも口開けの「開運 ひやおろし」「波瀬正吉」をいただく。う~ん、さすが開運どれも美味いぞ♪

さぁ役目は終えた(笑)

あとは適当にまわることに。

 

次は・・・、前回飲んで美味しかった「吉田金右衛門商店」へ。

まずは「雲乃井 純米吟醸五百万石生原酒」をいただく。

うわっ、美味い♪味ものっているし、バランスもよいし、これは美味いぞ。

次は「雲乃井 純米吟醸山田錦生原酒」をいただく。

これも美味っ♪五百万石よりも奥行きがある感じ。

次は「雲乃井 純米大吟醸 生原酒」をいただく。

当然これも美味っ♪

ついでに仕込み水もいただく。

水も美味~い。

いや~ご馳走様でした♪堪能しました。

 

そしてお隣のブースの「吉田酒造店」へ移動。

まずは男前のお兄さんに「大吟醸山廃仕込 手取川」をいただく。

おっ、美味いぞ。旨みときれいさがいい感じ。

次は「純米大吟醸 吉田蔵」をいただく。

うん、これも美味い。

「大吟醸古古酒 手取川」をいただく。

いい熟成感で丸い旨みとトロトロ感・・・美味いです。

最後は「大吟醸斗瓶囲い 露堂々 手取川」をいただく。

いや~贅沢な味わい♪

さあ次はどこに行こうかな?

 

長くなったので続く

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

気取って言うならアペリティフ 「小さな蔵元の隠れた地酒まつり」

「秋の吟醸酒を味わう会」の前に池袋東武へ寄りました。

この日はちょっと風邪気味で飲んだらまわりそう・・・という体調。今日は控えめにしなきゃという気分でした。

 

用事を済ませ、「吟醸酒を味わう会」まではまだ時間があるので、東武のお酒コーナーに寄ってみることに。

おっ!竹鶴の4合瓶も充実しているし(以前はなかった)、生もとも売ってる。「石鎚」や「雁木」も売っているし、いい品揃えだなぁ~。

そうしたらお酒売り場の一部で、「小さな蔵元の隠れた地酒まつり」というイベントをやっていました。

071024_140333 

 

 

 

 

そのブースに並んでいるお酒を眺めながら、ブラブラ。

う~ん・・・知らないお酒ばかり。

飲んだことあるのは、「瑞冠」のみ。冷蔵庫に入っている「瑞冠」を眺めていたら、「試飲も出来ますよ」と「瑞冠」のハッピを着たおばちゃんが話しかけてきた。どっかで見たことあるなぁ~と思っていたら、以前瑞冠を飲ませてもらったおばちゃんだ!

ということで、「瑞冠 生もと生」を冷えた状態でいただく。

うわっ、美味い!

旨みと丸みとフレッシュ感がいい感じ♪生もと生でもこれなら冷やしてもグイグイ飲めちゃうよ。

次は「瑞冠 大吟醸(山廃?生もと)生」を冷えた状態でいただく。

さすがにきれいな旨み。きれいすぎて、ちょっと物足りないかな?

次は・・・、おっ初めて見るぞ。「瑞冠 2004年醸造山廃山田錦」をいただく。

うわっ!これ美味い!

山田錦らしいバランスのよさにまろやかさとキレがいい感じ♪高レベルでバランスいいなぁ~。しかも安っ!4合瓶で1,300円くらいなんて安すぎだよ。

次は「瑞冠 (2004年?2005年?)亀の尾」をいただく。

ふくらみとキレは抜群だけど、ちょっと酸が強いなぁ~。

他にも「平井城」「晴雲」「自然郷」などをいただく。一番は「瑞冠 2004年醸造山廃山田錦」だな~。今日買って帰ってもいいけど、イベント後に4合瓶のお土産付きだから帰路が重たいし・・・。

しかもこのイベントは今日までなので、夕方には片づけが始まるらしい・・・。悩んだ挙句、結局何も買わずに東武から出ました。よくいく酒屋さんで買えるかもしれないし。

さぁ食前酒もいただいたし、飯田橋に向かうぞ!

続く

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

天明の会

よく行く酒屋さん主催の「天明」を造る曙酒造さんとの懇親会(囲む会?)に参加させてもらいました。

いただいたのは

「天明 五百万石 純米酒生」

「天明 純米酒 瓶火入れ瓶囲い」

「天明 山田錦 純米吟醸生」

「天明 亀の尾純米生」

「天明 美山錦 純米吟醸生」

「天明 大吟醸」

「天明 さらさら夏(ほにゃらら)」

「天明 美山錦大吟醸五年熟成」

「天明仕込水」

Dscn0394 

 

 

 

  

後は他の蔵のお酒数種。

 

まずは、「天明 美山錦大吟醸五年熟成」で乾杯!

Dscn0392 

 

 

 

くいっ。

うわっ!めちゃ美味い!!

全く老ね感やいかにも熟成感という香りはなくて、落ち着いているけど華やかな香りがふわ~とたつ。味の方は、丸~くバランス良い旨みと酸がじわ~と口に広がる♪

蔵元さんが熟成酒でも紹興酒みたいな熟成酒は造りたくないとおっしゃっていたけど、こういう熟成酒なら半可通も大好きだ♪

お値段も通常の大吟醸の値段に年間の冷蔵庫の電気代(確か2度~5度くらいで保存)300円×5年分みたい。要するに通常の大吟醸の値段+1500円という破格値。

さぁお次は「五百万石」。

うん、これも美味いなぁ~。旨みも酸もじわじわでいい感じ♪

次は「天明」の中でも大好きな「亀の尾」。このお酒は、米のエネルギー感があって好きなんですよね。

うわっ、やっぱり美味いよ!米の旨みがしっかりで、それに負けない酸と苦みのバランスが最高♪蔵元さんもこの亀の尾は自信があるみたい。

次は「山田錦」。

おっ!これも美味いぞ!春頃飲んだら物足りなかったけど、今の時期になるとバランスよくボディのしっかりした味わいで美味い。

この後は一通り飲む・・・。

一周飲んだら「亀の尾」「山田錦」「美山錦五年熟成」をグイグイ飲む・・・。

お燗の用意もしてくたので、お燗も飲む。

うん、「純米瓶火入れ」はやっぱりお燗だ!冷や(常温)だと苦みなどが気になるけど、お燗だとそれがスッとしたキレになって美味っ。

そんなお燗を飲んでいると蔵元さんが、「美山錦の五年熟成をお燗にしてみてください。美味しいですよ。」

えっ!いいんですか!?(笑顔)

じゃあ遠慮なくお燗をいただく。

くいっ。

うわっ!すげー美味い!!

旨みと酸がさらに口の中でふくらむよ!いや~贅沢だ♪

こうなったら「亀の尾」も「山田錦」もお燗にしてみる。

うわっ!どっちも美味い!!

特に「亀の尾」がバカ美味っ!こんなに燗上がりするとは・・・。

そんな美味いお酒をいただきながら、蔵元さんから色々聞く。無濾過に対するこだわりや、石数全部入りきる冷蔵庫など蔵の話などなど。こういう蔵の話を聞けるのが、蔵元を囲む会の醍醐味ですよね~♪

蔵元さんもかなり気さくな方だし、お酒の事など色々教えてくれるのでとても勉強になりました。

そんな楽しい宴もあっという間に過ぎてお開き。美味いお酒ご馳走様でした♪

 

鍋を食べながらかなりお酒は飲んだけど、バカ美味い仕込水(臭みが全くなくて若干の硬質感のお水)もグビグビ飲んだので全然平気だし、鍋の〆にうどんもおじやも食べたけどまだ物足りないぞ(笑)

時間を見たらまだ23時過ぎ。ということで、家には帰らず飲みに行く(笑)

続く

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)