« 杉勇 黒糖梅酒 | トップページ | 春霞 純米吟醸 うすにごり生 »

2008年2月12日 (火)

秋田まで届け!三十路の主張

とある酒屋さん主催のお酒を飲む会に参加させてもらう。

今回はそこで新酒などかなりの種類をいただきました。

美味しかったお酒は色々ありましたが、意外だったのは神亀の新酒。

あらいやだ!美味しいじゃないの♪米の旨みしっかりで、しかも飲みやすい。あの独特の香りもないし・・・。米の質が良いんだろうなぁ~という味わい。ただちょっと高いなぁ・・・。

 

そして今回なんといっても凄かったのは、これ。

いでよ!「雪の芽舎 純米大吟醸生酒原酒」 !!

Bousha 

 

 

 

 

見事召喚。ロットナンバーまで入っています。

もうこれが、バカ美味っ!

ふわ~ときて、ふわ~とふくらみ、ふわ~と消えていきます。生原酒とは思えない当たりのやわらかさ。まるでフェザーです。しっかし軽いだけじゃなく、上品でシルキーな旨みと酸がふわ~。

うまい。うますぎる。「雪の芽舎 純米大吟醸生原酒」(十万石まんじゅう)

もうメロメロです。

 

 

(また)飲みたいなぁ。

飲めるかな?

飲みたいけれど(お金)足りないなぁ~。

でもまた飲みたーい!

 

 

もし今度飲めるとしたら、「秋田のお酒を楽しむ会」か?

飲みたいなぁ・・・(ボソッ)

飲みたいなぁー!

いや、飲ませてくださぁーい!!(涙目)

この声、秋田まで届け!届いてけろー!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 杉勇 黒糖梅酒 | トップページ | 春霞 純米吟醸 うすにごり生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田まで届け!三十路の主張:

« 杉勇 黒糖梅酒 | トップページ | 春霞 純米吟醸 うすにごり生 »