« 2008 秋田の酒を楽しむ会 序章 | トップページ | 図々しくもジャジャジャーン! »

2008年3月 8日 (土)

2008 秋田の酒を楽しむ会 本編

続きから

乾杯後は、さぁ飲むぞ♪

まずは、空いている内にここへ。

齋彌酒造店

Dscn1533 

 

 

 

 

特に気に入ったのは、「山廃純米」は当然として「秘伝山廃 生」。きれいな山廃で冷たくても充分美味い。

最初のブースで5杯も飲んでしまった。このペースじゃかなり危険。それに吐器も見当たらないし・・・。少し腹に何かを入れなくては!と料理コーナーに行くと、うわっ並んでやがる!

並ぶの面倒なので、係りの人にどうぞと言われた豚のしゃぶしゃぶだけをいただき、自分の席へ。

テーブルに置いてあるお寿司とオードブルを取って食べる。

Dscn1534 

 

 

 

 

  

豚美味っ!モチモチしてやわらかいし、味もしっかりしている。これは美味いわ。

腹に少し入れたし、さぁ次の蔵へ。

秋田醸造

Dscn1535 

 

 

 

  

Dscn1536 

 

 

 

 

不勉強なので全く知らない名前のお酒(笑)

あまり期待せず飲んだら、うわっ!美味いぞ!

「純米吟醸ひらり」(AK-1)がすごく美味い♪同じお米&精米歩合で酵母違いの「純米吟醸ゆきの美人」(金沢酵母)もいいけど、個人的にはAK-1の方が好み。

「純米大吟醸 ひらり」もきれいだけど酸が効いていて、とても美味い。大吟醸などをブレンドした「特選 竿灯」(本醸造)もなかなかです。

蔵の人が、「会に参加した蔵の中でも一番小さい蔵じゃないか」とおっしゃっていました。

いや~、ここのお酒は美味いわ♪いい出会いでした。

お次は・・・。

浅舞酒造

あっ、製造部長さんだ。以前お酒の会で会ったのを覚えていてくださり、どうぞと「白雲悠々 雫」をいただく。う~ん、幸せ。

「ランドオブウォーター」という聞いたことないお酒や「五風十雨」など色々いただく。意外だったのは、「美稲80 火入」。おっ、美味いじゃん!一昨年に生が美味かったので、期待して火入も飲んだら苦くて苦手な味だったのですが、昨年のはいいかも。

中でもツボったのは、「美稲 杜氏直汲 生」。澱が薄らからんでいて、これは絶品♪おかわりしちゃいましたよ。

お次は

佐藤酒造店

「出羽の富士」を色々いただく。ただ普通酒や本醸造をそんなに持ってこなくても・・・。

北鹿

「雪の十和田」などをいただく。

備前酒造本店(料理の列で、ブースの前が塞がれちゃっていて可哀相でした)

「大納川」などをいただく。

 

この辺で、全部回れるのか?という思いが。とりあえず飲みたいところを回ることに。

沼舘酒造

全部いただく。どれもやわらかで美味い。特に気にいったのは、「たてのい 純米吟醸生」「わくわく山廃純米」。山廃のお燗絶品でした♪

お次は・・・。

栗林酒造店

Dscn1538 

 

 

 

 

全部いただく。どれも美味いぞ。特に気に入ったのは、「春霞 貴酬山廃純米」「春霞 生一本無濾過生」。山廃のお燗サイコー♪生一本は、きれいな酸と旨みで美味い♪

お次は・・・。

秋田清酒

Dscn1539 

 

 

 

 

出羽鶴のコーナーには人がいたので、刈穂ばかりいただく。

特に気に入ったのは、「六舟 中取り生原酒」「6号酵母仕込み生酒」。六舟は旨みときれいさのバランスがいい感じ♪6号の方は、しっかり目の酸と旨みがジュワジュワでした。

お次は・・・。

日の丸醸造

全部いただく。「純米吟醸無濾過生原酒 美郷」が特に好み。

お次は・・・。

福禄寿酒造

あれっ?蔵が無人だ(笑)

どうやら酒屋唄というのを披露するのに、壇上に上がっていたみたい。

 Dscn1540 

 

 

 

 

ブースの前で「勝手に注いじゃっていいですよね?」「ですよね?」と参加者のお姉さんと会話しながら、いただく。

当然のように全部いただく。

特に気に入ったのは、「一白水成 純米吟醸無濾過生原酒 袋しぼりたて」。瑞々しいスッキリ感と旨みがいい感じ。

この辺で自分の席へ戻る。

結構飲んだなぁ~。さすがに料理を取りに行く。自分の席とは反対側の料理コーナーの方が空いているので、そっちへ。並んでいる最中に年配のご夫婦に話しかけられる。奥様が秋田県の出身のようで、方言で話してくれる。さすが本物のイントネーションは違いますね。

いものこ汁と豆腐カステラをいただく。いものこ汁美味っ!

席に戻ってパクパク。

パクパク食べていると、隣の席の年配の方が、「美味いお酒があるから一緒に行こう」と言うので、仕方なくついて行く(笑)

どこの何かなぁ~と、着いた先は「出羽の富士 特選」

ちょっ!さっき飲んだし、しかも本醸造かい!(笑)

注いでもらったお酒をグイッと飲んで、お酒漁りに戻る。

向かったのは・・・。

山本合名会社

全部いただく。(たしか「ど辛」も飲んだような・・・)

特に気に入ったのは、「白瀑 6号酵母仕込み生原酒」「白瀑 7号酵母仕込み生原酒」。どちらかといえば、6号の方が好みかな?

お次は・・・。

鈴木酒造店

「純米 あまからぴん」などいただく。

お次は・・・。

新政酒造

「白神山地 純米」などいただく。さすが6号酵母のお酒が多いですね。

 

さすがにお酒が効いてきた。料理コーナーの行列もなくなったし、料理を取りに行くかなぁ~と思ったらすでに何もなし!マジかよ!!と反対側の料理コーナーに行ったら、残っていたのは山菜のみ(泣)

山菜を山盛り乗せて、自分の席へ・・・。

パクパク食べている時に終了のアナウンス。

2時間早っ!ほとんど自分の席にいなかった。

 

参加者&スピーチに篠田先生や橋本五郎さん(秋田出身)や高瀬先生や先生のHPで拝見するような方々がいらっしゃってました。

一般の参加者も、年齢層が高めできっとそれなりの地位の方が多かったからか、半可通のようにガツガツした人が少なめで気持ちのよい会でした。

まぁ相変わらず大吟醸だけ飲みにくる人や、シュルシュル利いて蔵の人に知識をひけらかしているマニアがいましたが(苦笑)

Dscn1537 

 

 

 

 

篠田先生

この会は、秋田県出身の方が多く参加されているのかな?

それと日本酒好きだけが参加しているんじゃなくて、料理を楽しみにきた人が大勢いたということなんでしょうね。なのでお酒のブースは、比較的余裕があってよかったです。

次回参加するときは、まず料理を確保してから飲むことにします。だって受付でもらった資料を次の日に整理すると、当日の料理リストも入っていて、見たら美味そうなのばかり・・・。食べていないどころか、見てもいません(笑)

いぶりがっこ食ってねえど。

Dscn1545 

 

 

 

 

 

 

次の日、嫁に「全然食べてないんだよね~」と話すと「(リスト見ながら)こんなに美味しそうなのがあるのに、何やってんの?」と本気で呆れられました。

 

秋田の蔵の方々、おいしいお酒ご馳走様でした!

Dscn1542 

 

 

 

 

会終了後にナマハゲと秋田美人をパシャ。

Dscn1541 

 

 

 

 

(んっ?こんな写真撮ったっけ?)

  

それと、お土産の手ぬぐい。

Dscn1544 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 2008 秋田の酒を楽しむ会 序章 | トップページ | 図々しくもジャジャジャーン! »

コメント

山廃多いなあ。ハイソな空間で無ければ参加してみたいっす。
袋しぼりたて、まだ飲んでませんが美味いですか。楽しみ♪

投稿: トール | 2008年3月 8日 (土) 10時49分

トールさん

山廃多いですが、どれもきれいな感じの山廃でした。飲んだ中で、ガッシリしたのはなかったですね。

袋しぼり美味しかったですよ♪

投稿: 半可通 | 2008年3月 8日 (土) 11時03分

いやぁこういうレポートの読むのは本当に楽しい。いい酒目白押しですねぇ〜。秋田料理もよさげですねぇ〜。

たてのい気に入りました?よかったです。山廃は飲んだこと無いので今度買ってみます。去年は純米吟醸の生だけで2升飲んだんですよ^^今年はたぶんもっと飲みます。そのぐらい好きなんです^^

投稿: 陶 | 2008年3月 8日 (土) 23時05分

陶さん

「たてのい」美味しかったです。
どれもやわらかで気に入りました。

来年は是非とも参加をお勧めしますよ!

投稿: 半可通 | 2008年3月 9日 (日) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008 秋田の酒を楽しむ会 本編:

« 2008 秋田の酒を楽しむ会 序章 | トップページ | 図々しくもジャジャジャーン! »