« 辻善兵衛 純米大吟醸 山田錦 | トップページ | 半可通出撃す 「作」の大地に立つ »

2008年4月 2日 (水)

松の寿 純米吟醸無濾過生原酒 雄町仕込み14号

武蔵境の酒屋さんで購入したお酒。

先日「松の寿」の新酒が飲みたくて鷺宮の酒屋さんへ買いに行ったら、売っていなくてガッカリ。ここならあるだろうと、武蔵境へ向かう、というか府中の試験場帰りに寄る。

店主に「松の寿の五百万石と雄町は、どっちがオススメですか?」と聞いたら、「五百万石も美味しいけど、断然雄町が良い」というので雄町を購入。

味とは関係ないですが、この栓いいですね。

Dscn1550 

 

 

 

 

指を切りにくい親切栓。その他にもラベルから裏ラベルまでグルッとビニールが巻かれていたりして、手間がかかるだろうけど、こういった気配りに弱い半可通。

「松の寿 純米吟醸無濾過生原酒 雄町仕込み14号」

松井酒造

Dscn1547 

 

 

 

 

 

 

Dscn1548 

 

 

 

 

 

使用米:雄町

精米歩合:50%

仕込み水:高原山麓自家湧水 超軟水

使用酵母:M+Newデルタ

日本酒度:+2.5

酸度:1.7

アルコール度数:17度以上18度未満

製造責任者:松井宣貴(下野杜氏)

製造年月日:2008年2月

値段:1升3,465円(税込)

感想

Dscn1551 

 

 

 

 

 

開栓初日(3/11)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワッとリンゴのような甘い香り。口に含むと(含み香がフワッ)、めちゃやわらかい口当たりにジワッとやさしくふくらむ上品でしっかりした甘みと酸に、それを支えるようなグッとした旨みとコク。それがジワ~とふくらんで、軽くピチピチした刺激と深みあるコクと軽い苦みと渋みでキレ。余韻は、ス~とした上品な甘みと軽い渋みとコクがフェードアウトしていく。

んがっ。美味いっ!

オススメなだけあるよ。無濾過生原酒なのに、ひっかかりが全くなくグイグイ飲んでしまう!1升で買ってよかった♪

3/26

冷やしていただく。

瑞々しくやわらかい口当たりに溶け込む甘みと旨みにコクと酸がジュワ~とふくらみ、スッとした苦みと辛さでキレ。渋みが少しなくなったくらいで変化はほとんどなし。

美味い。

 

雄町らしいジュワジュワした旨味に瑞々しさとキレもあるお酒。無濾過生原酒&雄町なのに、旨味ドーン!ではなく、旨味しっかりだけど飽きさせないぜ!的な丁寧さを感じるじらし系(笑)飲みこんだ後の余韻にある甘みの影響で、「もっと、もっとちょうだいっ!」と体がおねだりをしてくる・・・。

やさしく瑞々しいし、ひっかかりもないし、香りも程よく、でも旨味しっかりでキレも良いというレベルの高い無濾過生原酒でした。ツマミいらず。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村 酒ブログ 利き酒へ

|

« 辻善兵衛 純米大吟醸 山田錦 | トップページ | 半可通出撃す 「作」の大地に立つ »

コメント

欲しかったけど、冷蔵庫に一升分のスペースが無かったっす…(・_・|
五百万石は、繊細かつ緻密に流れてゆく香りの変化に酔い痴れました。殆ど緑の巫女に匹敵するクオリティーですが、味わいの点ではやや物足りなさを感じました。
雄町は、味わいの厚みに特化してる感じですかね?

投稿: トール | 2008年4月 2日 (水) 14時12分

トールさん

特化…。う~ん、味わいの厚みは感じますが、心地良くしつこくない程度かな?

でも、もしかしたら水の影響でしつこくない気がするのかもしれませんね。

投稿: 半可通 | 2008年4月 2日 (水) 18時46分

結局、昨年は入手出来ず、今年(20BY)はこれを一升で購入しながらも、五百万石の生は買えませんでした。ニンゲン塞翁が馬です・・・
昨年の試飲会では分かりませんでしたが、イチゴ様の香味が美味いっす。
1sbで買って大正解(^^v

投稿: トール | 2009年2月22日 (日) 22時57分

トールさん

>ニンゲン

シムラァ、読み方ー読み方ー!

>雄町

おっ、良かったですか!
マツコト雄町飲みたいけど、冷蔵庫スペースがねぇ…。

投稿: 半可通 | 2009年2月23日 (月) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168107/11320186

この記事へのトラックバック一覧です: 松の寿 純米吟醸無濾過生原酒 雄町仕込み14号:

« 辻善兵衛 純米大吟醸 山田錦 | トップページ | 半可通出撃す 「作」の大地に立つ »