« 楽園人5月号 | トップページ | 而今 特別純米無濾過生 五百万石 »

2008年4月11日 (金)

2008 関東信越きき酒会へ行ってきた

「2008 関東信越きき酒会」へ行ってきました。

Dscn1778 

 

 

 

 

注)吐器を使うのが造り手に悪いので、グイグイとやっていたら当然飲みすぎて、何を飲んだか&味についてはあまり覚えておりませぬのでご勘弁を。

 

 

会場の埼玉スーパーアリーナへ行く前に嫁と池袋で買い物。嫁はこの後洋服を見て(買う?)帰るだけなのに、この後きき酒に行くという半可通に玄関マットを持たせる鬼嫁。

仕方なくバッグにマットを搭載し、さいたま新都心駅へ向かう・・・。

埼京線の北与野駅からだと歩くので、今年は埼京線で赤羽駅まで行き、赤羽駅で宇都宮線か高崎線に乗り換えてさいたま新都心駅を利用して会場に行くつもりだったのですが、赤羽駅でホームを間違える。どこで乗るのか分からんぞ。

とりあえず人が並んでいたホームに到着した高崎線に乗ってみたものの超不安。

不安のまま10分ちょっと乗っていたら、なんとか無事到着。

テクテク歩いてスーパーアリーナへ。係りの人に案内されるがまま行くと、開場10数分前でも結構な行列。

しかも隣に並んだ爺さんは、もうすでに酒臭いのですが・・・(苦笑)

しばらくして開場。

入り口でお猪口を貰って、さぁ飲むぞ!いや、違った利くぞ!

まずはどこから行こうかな?面倒くさいから入り口近くの埼玉県から・・・。

まだ人が少なくて空いている奥のブースから、まずは丸山酒造「織星」をいただく。

一通りいただく。新酒の生美味いですね。

お次は清水酒造「亀甲花菱」をいただく。

うわっ!山田錦の純吟美味いっ♪蔵の奥様も今年の山田錦はすごくいい!と蔵元さんも太鼓判。純吟無調整生も美味いぞ。両方共すでに販売しているというので、特に山田錦の純吟は買わなくては!

次はうわっ!今年も神亀は人だかりだよ・・・。当然スルーして、南陽酒造「花陽浴」をいただく。

今年初めて造ったという生もとが一番好み。

次は一度飲んでみたかった小江戸鏡山酒造「鏡山」をいただく。

ズラッと種類は並んでいましたが、混んでいたので2種類ほどいただく。フムフム、こういう味なのね。

お次は群馬県の方へ・・・。

まずは群馬の酒造組合のブースにあった「群馬泉 超特選(だったはず)をいただく。

うん、お燗で飲みたいぞ。

お次は柳澤酒造「桂川」をいただく。

この蔵のスタンダードというもち米で造ったお酒が美味い♪甘いけど、キレも良くベタッとしていない。

お次は浅間酒造「浅間山」をいただく。

おっ!「辛口純米(生だったかな?)」が美味い♪程よいふくらみとキレがいい感じのバランス。辛口と書かれていると敬遠してしまう半可通でも、これはいいわ。

お次は永井酒造「水芭蕉」「谷川岳」をいただく。

「谷川岳」は初めて飲んだけど、中々美味い。

あと群馬県では、近藤酒造「赤城山」分福酒造「分福」を飲んだみたい。きっと後半に飲んだので味の記憶が・・・。

お次は長野県の方へ・・・。

まずは舞姫酒造「翠露」をいただく。

今年のはドライな仕上がりと蔵の方がおっしゃっていたけど、確かに以前の方が甘みが強かった記憶がありますね。個人的には「雲の峰」が美味しかった。

お次は豊島屋「豊香」をいただく。

うわっ!「豊香」美味い♪

ヨネシロを使ったという「原酒生一本」と「瓶囲い熟成酒」が美味い。ヨネシロって標高が高くないと作れないなどの話を聞く。

「豊香」要チェック。

お次は菱友酒造「御湖鶴」をいただく。

ジラソーレもいただくが、やはり緑ラベルが美味い♪蔵の人もリピート率が高いのは、緑ラベルとおっしゃっていました。

お次は天法酒造「天法」をいただく。

最近この蔵の杜氏になったわけじゃないんだから、来る人来る人に「うちのお酒は磯自慢にいた杜氏が・・・」って言うのは、どうかと・・・。それまでそっけなかったのに、それを聞いて急に食いつく参加者もどうかと・・・。

お次は武重本家酒造「牧水」をいただく。

おっ!生もとが美味いのに安い。コスパがいいなぁ♪

長野県のブースを歩いていると、「あっ、こんにちは!」と声をかけられる。声のほうを振り向くと、あっ「水尾」さんのブースだ。

早速、田中屋酒造店「水尾」をいただく。

「特純生美味しかったです」と言うと「いや~、あれはよかった♪」と他人事みたいに(笑)お酒の説明を受けながら一通りいただく。

「純米大吟醸(金紋錦)」が美味っ!味重視というだけあって、食事にもいける純米大吟醸だよ♪あまりお邪魔すると悪いので、他の参加者の方が来られたところで退散。

お次は伴野酒造「澤乃花」をいただく。

「純米無ろ過生」は元気一杯な味わい。というかこんな味だったっけ?「赤磐雄町うすにごり生」が美味い♪

長野県は他にも酒千蔵野高沢酒造古屋酒造店米澤酒造小野酒造店北安醸造などをまわる。そしてこの長野県のブースで、アルプス酵母系のお酒を飲みすぎたのが後半に響く・・・。

お次は栃木県へ・・・。

まずは井上清吉商店「澤姫」をいただく。

さっぱりした生もとが印象的。

栃木県の酒造組合のブースで辻善兵衛商店「桜川」菊の里酒造「大那」をいただく。菊の里酒造の「大那」も美味いけど、「柚子」も美味っ♪

お次は松井酒造店「松の寿」をいただく。

「山廃 純米」美味いわ~。きれいなのにコクがあって、しかも安っ!「吟醸 山田錦」も美味かった。アル添の使い方が上手ですね。

お次は小林酒造「鳳凰美田」をいただく。

今回はマグナムボトルの愛山1種類のみ。それがまた美味すぎっ!

蔵元さんが「愛山のお米は~」と他の参加者の人に説明していたのを横で聞いていて、へぇ~と思ったのは覚えているのですが、肝心の内容を覚えていない・・・。勉強になるなぁ~と思ったことしか覚えていないという意味のなさ。

お次は惣譽酒造の「惣譽」をいただく。

特に「純米大吟醸 生もと」が美味っ。

そして栃木県は他にも相澤酒造飯沼銘醸小島酒造店仙禽酒造などをまわる。この辺になると、味までは覚えていないっス・・・。すいません・・・。

この後、茨城県は記憶にあるのが府中誉のみ。

新潟県は久須美酒造緑川酒造青木酒造千代の光酒造をまわる。飲んだことは覚えていますが、味は覚えていません・・・。覚えているのは、千代の光酒造のお姉さんがきれいだった事。

 

そんなこんなでウロウロ徘徊し、蛍の光が・・・。相変わらずお目当ての蔵を探すのが大変でウロウロしましたが、こんなに色々飲める企画は有難い。しかも無料だし。

いや~、ご馳走様でした! 

会に参加する前は一通りまわって、帰りに飲んで帰ろう♪なんて思っていましたが、そんな余裕はなかったようで・・・。いつものごとく帰り道の記憶がない(笑)

確か20時半くらいには家についたはず・・・。

次の日の朝には、寝巻きに着替えて寝ているし、財布、携帯、デジカメ、i-pod、パスモなど落とすと困るものはちゃんと手元にあるし、3時間毎に100円という自転車置き場(番号を押してロックを解除するやつ)に停めてあった自転車もちゃんと精算して帰ったみたいで朝には家の駐輪場にあったし、記憶がないだけでちゃんと帰ってきた様子。

ただこの日履いていた靴の左のつま先だけに、泥がビタッとついていたのが謎(笑)どこで付いたのか気になってしょうがない!

 

蔵のリスト

Dscn1779 

 

 

 

 

Dscn1780 

 

 

 

 

Dscn1781 

 

 

 

 

Dscn1782 

 

 

 

 

 

会場の様子。

   Dscn1770 

 

 

 

 

 

Dscn1771  

 

 

 

 

 

Dscn1773 

 

 

 

 

 

Dscn1774 

 

 

 

 

Dscn1775 

 

 

 

 

Dscn1776 

 

 

 

 

 

最後の写真は撮ったことも覚えていない(苦笑)

誰かに迷惑をかけたかも・・・という気持ちが、少しも浮かばないような強靭な心が欲しいデス。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ  

|

« 楽園人5月号 | トップページ | 而今 特別純米無濾過生 五百万石 »

コメント

>>仕方なくバッグにマットを搭載し
オーダー通りのヒッピー仕様…(ノд<。)゜。
 
しかし、これだけヒットがあると、どれを購入するか思案に暮れますね。
浅間山は、山田錦の純吟もよろしくです。
分福と赤城山は大したこと無いです…(・_・|

投稿: トール | 2008年4月11日 (金) 20時04分

トールさん

>>しかし、これだけヒットがあると、どれを購入するか思案に暮れますね。

花菱の山田錦はどうしても飲みたくて、今日買いに行きましたがまだ入荷せず…。
花菱山田錦純吟と豊香が個人的にはヒットでした。

>>浅間山は、山田錦の純吟もよろしくです。

山田錦と出羽燦々のベコニア酵母のは飲んだかも…。

>>分福と赤城山は大したこと無いです…(・_・|

パンフとメモだけで飲んだ記憶があるだけでして、味の記憶は全く…。

投稿: 半可通 | 2008年4月11日 (金) 22時25分

豊香は、関戸駅の酒屋がプッシュしてるので、気にはしていました。
あそこ以外だと、どこで買えるんだろ?

投稿: トール | 2008年4月11日 (金) 23時04分

素晴らしいイベントですね。
しかも無料なんですね。
なぜ平日の昼なの?と思っていましたが、
みんなが行ける時間帯に行ったら大変なことになりそうです。

投稿: みみず | 2008年4月12日 (土) 06時53分

私も半可通さんのブログで知り、参加してきました。
花菱、私もすごく好みでした。
仙禽と花陽浴に興味を持ったので、近く買ってじっくり飲んでみようと思ってます。

投稿: ざりがに | 2008年4月12日 (土) 08時32分

トールさん

蔵の人にどこで売っているのかと聞いても、そこを教えられましたよ。

都内じゃあまりないんですかね?

投稿: 半可通 | 2008年4月12日 (土) 09時57分

みみずさん

平日開催なのは、きっと主催者が国税局だからじゃないんですかね?
土日にはやりたくないんじゃ…。

まぁ、でもそのおかげで無料なのでしょうが。

投稿: 半可通 | 2008年4月12日 (土) 10時14分

ざりがにさん

おっ!行かれたんですね。
あれだけ飲めると、自分好みのお酒が見つかるので嬉しくなりますよね♪

>>仙禽と花陽浴に興味を持ったので

仙禽と花陽浴だと両方とも都内では手に入りづらそう(苦笑)

投稿: 半可通 | 2008年4月12日 (土) 10時20分

 おつかれさまでした~ 

 それにしても 沢山呑みましたねぇ- (^_^;)

 それでも ちゃんと書いてあるのが半可通さんの立派なところだね・・・!!

投稿: 酔友会 | 2008年4月12日 (土) 11時28分

酔友会さん

沢山飲んだというだけで、味についてはうろ覚えばかりです…。

投稿: 半可通 | 2008年4月12日 (土) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008 関東信越きき酒会へ行ってきた:

» 酒飲みのパラダイス [在京関西人日記]
 毎年今頃、「かに道楽」じゃなかった、埼玉スーパーアリーナで日本酒を飲みまくるのがいつのまにか年中行事になってる。 ・2006年「酒飲みの格闘技」http://blogs.yahoo.co.jp/kazubon22jp/32750336.html ・2007年「酒飲みの熱い夜」http://blogs.yahoo.co.jp/kazubon22jp/47671559.html  この催しの難点は、終了時間が19時で、入場できるのは18時半までと早いことだ。仕事を終えたふりをして17..... [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 12時18分

« 楽園人5月号 | トップページ | 而今 特別純米無濾過生 五百万石 »