« 米作りからこだわる とっておきの名酒 | トップページ | 水尾 特別純米酒金紋錦仕込 限定生酒 »

2008年4月25日 (金)

お鮨と竹の露(白露垂珠)を堪能しちゃうぞの巻

  「お鮨を食べながら、竹の露(白露垂珠)をグイグイ飲んじゃうぞ!」みたいな会に参加しました。(本来なら蔵元を囲む会なんですが、お鮨が元々メインの企画なので) 

 

「竹の露」の代表でもあり、製造責任者でもある相沢さんにもお越しいただいた。

Dscn1851 

 

 

 

 

 

 

お鮨の写真を携帯で撮る相沢さんを撮る。

相沢さんには、お酒について造詣が深い方々が参加されていて、その方たちからバンバン質問される。相沢さんは、それに丁寧に答えられていました。とても話上手な方で小学校の先生の様。

そんな玄人達の質問に少しだけ耳をそばだてながら、お酒をグイグイ飲む(BGM代わり)

お米の吸水時間の話(確か亀の尾は30分だか40分くらい時間がかかる)や、生もとや山廃は造らずお米の特徴で酸を出す等色々なコダワリがあって、勉強になる。

半可通も素人らしく搾りの話やお米について(京の華は新山田穂と亀の尾の交配など)、お酒がとてもやわらかいので仕込み水について(水ラブ)など聞く。

へぇ~、天然弱アルカリ性完全無菌超軟水なんですか!?すげぇ、飲みたいぞ!(この日は仕込み水がなかった)

 

いただいたお酒は・・・。

Dscn1840 

 

 

 

 

 

 

うはっ!出品酒♪しかも出羽燦々で金賞受賞。

Dscn1839 

 

 

 

 

 

 

(確か)3年熟成の「はくろすいしゅ 大吟醸」出羽燦々40%だったはず。

贅沢だ♪

Dscn1845 

 

 

 

 

 

 

「白露垂珠 特撰純米酒 美山錦」

味わい程よくバランスがいい。お燗にすると、さらに甘みと丸みがでて美味い♪

Dscn1843 

 

 

 

 

 

 

「はくろすいしゅ 純米吟醸 美山錦/出羽燦々」

爽やかな甘みが程よくふくらみ、スッキリとキレる。ふくらみ方と余韻がいい感じ♪

Dscn1846 

 

 

 

 

 

 

「はくろすいしゅ 純米吟醸 出羽の里」

出羽の里らしい味わいがフワッと立ち、スッとキレる。この中ではボディはしっかり目。

Dscn1847 

 

 

 

 

 

 

「はくろすいしゅ 純米吟醸 改良信交」

程よい旨みとコクにスッキリした酸が目立つ。これが一番酸を感じる面白い味。上品な亀の尾という印象。

お燗にすると、甘みと旨みがでて酸が目立たなくなる。シャイな甘旨みだなぁ。愛い奴じゃ♪

どれもやわらかくグイグイ飲めちゃうお酒ばかりでしたが、この日飲んだ中では、美山錦/出羽燦々の純吟とこれが好みでした。

 

とまぁこの辺のお酒をグイグイといただき、先付け(イカの塩辛バカ美味っ)やお刺身に豆腐ベースつけ揚げ(バカ美味っ)などを、美味い美味い言いながらいただく。

そしてメインの握り。

Dscn1848 

 

 

 

 

(綺麗に撮れていなくて凹む)

うわっー、貝に海老に・・・ぜんぶ美味っ!

とグイグイ飲んで食べて、あっという間にお開き。

主催の酒屋さん、美味しいお酒を提供していただいた相沢さん、調理していただいた土屋さん、ありがとうございました♪とても美味しかったです!

 

いや~、贅沢な一時だった♪

さぁ~て帰るぞ!と店を出ると、幽門が開く・・・。

ラ、ラーメンが食べたいぞ!と胃が主張する。

いやいやまてまて、さっきお鮨食べたじゃん!と胃に話しかけながら帰路に着くが、偶然にもラーメン屋が!

吸い込まれるように店に入り、食べたのがこれ。

Dscn1856 

 

 

 

 

ワンタンメーン♪

何ラーメンのボリューム上げてんだよ!(笑)

中国人のおばちゃんが調理したラーメンなので、オールドスタイルのさっぱりラーメンでした。

さぁ帰ろうと帰路に着くが、ラーメンを食べたので喉が渇く。仕方なく?コンビニに寄り、ビールを購入。

帰宅後、ビールを飲んで就寝。

次の日、朝から胃が重い・・・。寝る前に食べるのはやめよう・・・と、さすがにラーメンを食べたことを後悔。

 

それにしても最近やべぇなぁ。

家でも飲んで飯、飲んでドラ焼き等々の日々。以前はしなかったのに、最近は飲むと食欲というメーターが振り切れるみたいで・・・。

腹が、腹がヤブタ式みたいに蛇腹・・・。添、中、留の3段仕込み腹。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 米作りからこだわる とっておきの名酒 | トップページ | 水尾 特別純米酒金紋錦仕込 限定生酒 »

コメント

寿司食いてえ(´¬`)

投稿: トール | 2008年4月25日 (金) 23時54分

いやははは。
寿司うまそ〜。
たしかに飲んだ後は自制きかないですよね。

ところで私なんて、蔵元にお酒についての質問をほとんどした事がありません。半可通さんえらいです。猛省しました(笑)。

投稿: 陶 | 2008年4月26日 (土) 02時21分

トールさん

ありえない値段で、鮨&お酒を堪能させていただきました♪

投稿: 半可通 | 2008年4月26日 (土) 10時29分

陶さん

質問というか、ただのコミュニケーションですよ。ただ好き勝手に飲んでさよならじゃ、申し訳ないので。

「このお酒美味いですね♪」や「酸が効いていますね♪」等の感想を蔵元さんに言ったりすると、そこから話が膨らんで色々教えてもらう感じです。

投稿: 半可通 | 2008年4月26日 (土) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お鮨と竹の露(白露垂珠)を堪能しちゃうぞの巻:

« 米作りからこだわる とっておきの名酒 | トップページ | 水尾 特別純米酒金紋錦仕込 限定生酒 »