« 田酒の会@那智さんを囲む | トップページ | 松の寿 吟醸夏のうすにごり »

2008年7月19日 (土)

鷹勇 勇翔原酒 16BY

新潟県の酒屋さんから購入したお酒。

年代物の原酒が飲みたくて購入しました。

「鷹勇 勇翔原酒 16BY」

大谷酒造

Dscn2255Dscn2256 

 

 

 

 

  

 

Dscn2257 

 

 

 

 

 

使用米:山田錦・五百万石

精米歩合:70%

もろみ日数:24日

日本酒度:+5.5

酸度:1.9

アミノ酸度:1.4

使用酵母:協会9号

杜氏氏名:坂本俊(出雲杜氏)

仕込み水:地下軟水(120m)

アルコール度数:17度以上18度未満

仕込み年度:平成16年度

製造年月日:18年4月

値段:1升2,310円(税込)

感想

Dscn2258 

 

 

 

 

 

開栓初日(5/26)

常温でいただく。

上立ち香は、黒糖というかカラメル様の熟成した香り。口に含むと、瑞々しく超やわらかい口当たりに甘酸っぱさとコクがジンッ~ワ~とふくらみ、その後軽快でフワッとした苦みとキリッとしたキレ。

熟成しましたというよりは、練れたという表現のほうがピッタリな感じ。

冷や(常温)でも美味い。

お燗でいただく。

瑞々しい甘酸っぱさとしっかりしたコクに爽快感が軽快にフワ~ときて、そのまま軽い渋みと爽快感でキレ。余韻は、軽快なコクと爽快感。

温いとやや老ね感っぽい味わいを感じるが、熱めに燗をつけると気にならず。

キレ感が気持ちよい♪

7/3

常温でいただく。

やわらかい口当たりに溶け込むジワ~とした甘みと酸に、グングッーと地味にしっかりした旨みとコクがジュワッとふくらむ。その後、酸とコクを伴いながらフェードアウトし、カッとした辛さでキレ。

渋みが消え味のメリハリがよりはっきり。

お燗でいただく。

落ち着いた瑞々しい口当たりに、やわらかい甘みと酸にグッとくる旨みとコクがフワッ。その後、コクと辛さの爽快感でフェードアウトし、スッとキレ。

美味い♪

 

安いのにしっかり造られたお酒が、いい感じで年を重ねたなぁ~というお酒。練れた旨味なのに熟成!という風味はないし、トロッともしていないし、ベタッともしていない年代物。初日に飲んだときには、「買ってよかったなぁ♪」というホクホク感で一杯でした。

豚しゃぶ胡麻ダレでこれを飲んだら、出しゃばらずにスパスパときるキレがたまらん!お酒が過不足なく主張しすぎない関係で、脳内麻薬が抑えられませんでした♪

次は加水バージョンでも・・・。

 

下のボタンを1日1回押してみてください。そうすると、彼女ができたり、出世したり、宝くじが当たったりしちゃうかも(はーと)

というか、地球のみんな、オラに元気をわけてくれー!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

|

« 田酒の会@那智さんを囲む | トップページ | 松の寿 吟醸夏のうすにごり »

コメント

おお、新潟ならではの掘り出し物ですね。
稀少品なのに、ラベルが剥がれないんだこれが。

投稿: トール | 2008年7月19日 (土) 12時26分

トールさん

年代物なのに値段が変わらないところが素敵過ぎます。

>>ラベル

これ糊がガチガチなんですか?
ラベルの紙も弱そうだし、ラベル収集家には難儀な酒なんですね。

投稿: 半可通 | 2008年7月19日 (土) 15時07分

あ^^こっちでもラベルの話ですね^^
糊っていうか紙がダメっぽいですよね。私は純吟なかだれしかやってないんですけど。これもダメってことなんですね。まぁそれも蔵元の味ということで^^

ところで私もこのお酒も呑んでみたいです。読んでいて加水にも興味がでる感じちょっと分かります!

投稿: | 2008年7月19日 (土) 21時01分

陶さん

加水バージョンに興味がなかったのに、原酒版の年代物!?という感じで購入しました。
年々熟女好み?

投稿: 半可通 | 2008年7月19日 (土) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168107/21213977

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹勇 勇翔原酒 16BY:

« 田酒の会@那智さんを囲む | トップページ | 松の寿 吟醸夏のうすにごり »