« 根知男山 吟醸 17BY | トップページ | 鷹勇 勇翔原酒 16BY »

2008年7月16日 (水)

田酒の会@那智さんを囲む

池袋の「きたや」さんでの、「田酒」の会に参加しました。

Dscn2403Dscn2404 

 

 

 

 

 

 

さすが「田酒」の会あって参加者が多く座敷&テーブルイス席を使った会でした。普段飲めない田酒をグイグイ飲んじゃうぞ!と意気込んで参加。

 

開始時間のちょい前に入店し、今回の主催者である酒屋さんの店長さんに席を聞くと、半可通は座敷席。んじゃ座りますかと座敷席に行くと、なんだかでかい人が座っている。

うわっ、那智健二さん!

半可通の名前の札が置いてある席は、島は違うが那智さんの隣でした。酒屋の店長さんが「こちら田酒の写真集を撮影したカメラマンの那智さん」と紹介してくれる。「以前吟醸酒協会のイベントで田酒のブースに立たれていましたよね?」などとご挨拶。

 

で、会はスタート。

まずは、西田社長が今回持ってきていただいたお酒の説明。

Dscn2421 

 

 

 

 

ふ~ん、古城乃錦に百四拾(華想いの試験番号だった)というのはお米の名前なんだ~と頷きながら、ケータイでメモするが、打つのが遅いおっさんは説明に追いつかないので、途中で諦め撮影に移行。

Dscn2407_2 

 

 

 

 

 

 

Dscn2408 

 

 

 

 

Dscn2409 

 

 

 

 

こっち向いてください(苦笑)

続いて那智さんが乾杯の音頭。

Dscn2410 

 

 

 

 

Dscn2411 

 

 

 

 

だからこっち向いてください(笑)

んで、乾杯のお酒はこれ。

Dscn2406 

 

 

 

 

 

 

きゃー!「田酒 純米大吟醸斗瓶取り」よー!!

かんぱーい♪

クイッ。

うっ、美味い!美味すぎる!!

「これ冬になったら、もっと味が乗ってウマウマだろうなぁ~」と思いに耽りながら、グイグイいただく。だって冬に飲めるわけないもん。

合間に仕込み水もグイグイいただく(水もウマウマ♪)

Dscn2405 

 

 

 

 

 

 

あとはこんな感じのお酒をいただく。

Dscn2412 

 

 

 

 

 

 

「田酒 純米大吟醸 古城乃錦」

Dscn2413_2 

 

 

 

 

 

 

「田酒 純米大吟醸 百四拾」(美味っ)

Dscn2414 

 

 

 

 

 

 

「善知鳥 大吟醸 百四拾」

そんな美味いお酒を飲みながら、那智さんの話を聞く。

「十四代」の高木さんとの出会いは、クイーンズシェフで店員とお客の関係だったとか田酒の撮影話やお酒の味についてなどなど・・・。

っていうか那智さんを囲む会を開けるほど、面白い話が多かったです。数多くの蔵を見てきた人の話はためになりますね。

キャラも面白く、特に飲んでメーターが上がると、田酒写真集のギャラを平気で言い(笑)、「俺はスゴイ」「天才だから」系の発言が増えてきてからが特に面白かったです。かなり自由な人ですね。

そんな人が、後数ヶ月で赤ちゃんちゃんこを着る年齢とは驚きましたが。

   

せっかくなので「田酒を醸す」の写真集を購入し(未払いなので後日払いますデス)、サインしてもらう。西田社長にもサインしてもらい、ダブルネーム完成。

Dscn2419 

 

 

 

 

 

 

Dscn2420 

 

 

 

 

この日はかなり写真集が売れたみたいで、那智さんは「夢の印税生活だよ♪」と喜んでいました。 

 

そんな会の途中になぜか半可通の正体を知っているTさんが那智さんの席に来て、「この前は~」みたいな話をしている。

那智さんに「お知り合いなのですか?」と尋ねると、先日「くどき上手」?「はくろすいしゅ」?の蔵でお会いしたとのこと。

Tさんは、そのときに那智さんが案内もされていないのに、勝手にどんどん蔵の奥に入っていったのでなんだあの人?と思ったと聞く。なんだか想像がつきます(笑)

とそのTさん、そのときには写真集に四千円もだすなら、酒を買うと言っていたのに、暫くしたら写真集を持って現れ、那智さんにサインを貰っているし(笑)

前言撤回早っ!(笑)

それとみんなの前で「あなたのブログは~」はやめてくださいね。おかげで近くの席の人から、「○○さんブログやっているんですか?」と聞かれましたから!(苦笑)

正体ばれると悪口が書きづらくなるので、もうお口にチャックよ!

 

そのうち西田社長もこちらの座敷席にきていただいて交流。特に那智さんと社長のお酒の味や業界話はディープでした(とても書けません)

社長に「特純生は1合サイズしかないんですか?」と質問。やはり流通や保管を気にされていて地元向けにはあるみたいだけど、こっちには流通していないみたい。

う~ん、残念。

 

お酒の方は、途中からこればかり飲んでいました。 

 Dscn2415_3 

 

 

 

 

 

 

「善知鳥 大吟醸」@那智さん

「善知鳥」の百四拾よりも厚みがあって美味しかったです。

料理の方も普段写真でしか見たことがない様なくーにー(肉)や刺身など美味しかったなぁ~。

美味い酒に美味い料理を飲み食いし、会は終了。最後に写真を撮ってもらう。

Dscn2417 

 

 

 

 

白くなってるのが半可通。服の色すらも特定できないように白くしてみました。

 

そして那智さんと社長が帰られた後は、数人で「酒菜家」へ移動。

半可通が座った席の前は、偶然にも半可通が誰か知っている2人、Tさんと長野の蔵人さん。またこの二人がこのブログを読んでいるらしく、やーのやーの言う。

もうバレルからやーめーてー!(苦笑)

そんな感じでお酒を何種類か飲んでお開き。

ちゃーんと電車に乗り、テクテク歩いて帰り、歯も磨き、寝た様子。こんなに記憶がちゃんとあるのは珍しいなぁ~。

何かやらかしたか?という不安感がない朝って素晴しいですね(笑)

 

西田社長、那智さん、「きたや」さん、美味しいお酒とお料理に楽しい時間ありがとうございました。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

 

|

« 根知男山 吟醸 17BY | トップページ | 鷹勇 勇翔原酒 16BY »

コメント

おお〜〜〜〜、田酒だぁ〜うとうだぁ〜。
いやぁ〜呑んでみたいですね〜〜〜。
いいですね〜〜〜〜〜。

写真で男性に目つぶしを食らわせているのは半可通さんのおててでしょうか?

投稿: | 2008年7月16日 (水) 13時17分

陶さん

贅沢な時間を過ごしました♪
ただ、次いったいいつ田酒を飲めるか…。

>>写真で男性に目つぶし

自分です。
あれは制裁です(嘘)

投稿: 半可通 | 2008年7月16日 (水) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田酒の会@那智さんを囲む:

« 根知男山 吟醸 17BY | トップページ | 鷹勇 勇翔原酒 16BY »