« (参考記録)宗玄 ひやおろし純米原酒 | トップページ | (参考記録)白瀑 秋あがり 純米備前雄町 »

2008年11月12日 (水)

冬のお便り 松葉ガニ

たまにお取り寄せする海産物のお店のHPを開いてみると、

カニ漁解禁記念!松葉ガニのセイコを格安で販売!

みたいな文章が・・・。

へぇ~、セイコガニ(メス)なんて丸ごと食べたことないや。ふ~ん、何々釜茹ででも生でも販売しますと書いてある。どうしようかな?と脳が思考する前に、右手の人差し指君が「カゴに入れる」ボタンをポチッ!

んで、届いた。

発泡スチロールの箱を開けると、ビニール袋に入ったカニ達とご対面。

さすがに格安だけあってサイズは小さいですが、カニにうるさくはないのでこれで充分♪

んっ?

えっ!?うわー、ギシギシとハサミが動いているよ!

東京にいても活きたカニがいただけるとは、流通網万歳!

とりあえず水につけ、カニに止めを刺す。あぁ、人間はなんて残酷な・・・(略)

動かなくなったところで、鍋に投入。

さぁー茹で立てのカニちゃんを肴に飲んじゃうぞ♪と、茹で上がる前にお燗向けのお酒を取りに行く・・・。

えーと・・・。はい、カニに合いそうなお酒がないdeath。

うがっ!微妙に吟醸香があるやつとか、甘みの方が立つやつとかしかないよ・・・。

しまった!カニを注文した段階(10月終わり)で、山陰のお酒を買っておくべきだった(泣)

仕方なく若干物足りない生もとで喰らうことに。

Dscn0038 

 

 

 

 

バキバキ割って、チューチュー吸って、内子もパクッ!内子うまーい♪

あっ~、美味しかった。でも山陰のお酒があったら、もっと旨かったろうに・・・。

それにしても手が痒い。甲殻類を手づかみで食べると、痒くなるのが辛いとこ。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« (参考記録)宗玄 ひやおろし純米原酒 | トップページ | (参考記録)白瀑 秋あがり 純米備前雄町 »

コメント

>えーと・・・。はい、カニに合いそうなお酒がないdeath。

・・・晒し上げdeath

投稿: トール | 2008年11月12日 (水) 10時05分

トールさん

本日バイクで嫁を武蔵境まで送っていきましたが、お燗酒を欲しくてどこも寄らずに武蔵関まで戻り、某酒屋さんでお酒を物色。

手持ちの都合で山陰酒を1本購入予定でしたが、面白スペックの格安酒があったので、予定変更でそいつを1本購入。

早速味見をしてみると、うわっ!酸っぱい!(笑)
何か、何か食い物をー!という食欲に火をつけるお酒を購入してしまいました。夜に食べるつもりで購入した穴子天に、つい手が出てしまいました。

夕飯は今流行のカレー鍋(今朝テレビで知った)なので、食べ過ぎる&飲みすぎること必至death。

投稿: 半可通 | 2008年11月12日 (水) 15時56分

面白スペックってどんなでせう?

最近、食中酒と称して、ただ酸っぱいだけの酒が罷り通ることに、多大な不満を募らせています。
黒巫女、酸っぱいだけです。滋味に乏しい。食事が無ければ成立しない酒なんてアホすぎます。
酒それのみで十分に美味く、食と合わせることで相乗効果を生み出すことが出来る、これが醸造酒の特権です。

青森の某純吟、試飲で酸っぱいのが気に入って購入しましたが、いざ開封してみると、冷酒としては落第点でした。
この蔵に「食中酒=酸」なんて短絡的な図式を強要したのは、中野の某酒屋でしょう。
しかし、おそらくは後世、汚い酒が流行したと嘲笑われるのみです。全く、少しの反省も無しに(〇>_<)

投稿: トール@自棄酒 | 2008年11月12日 (水) 19時04分

トールさん

(おそらく)飯米を使った低精米の二千円以下の山廃酒ダス。開栓数日後に、どう変化をするか楽しみにしています。

>>最近、食中酒と称して、ただ酸っぱいだけの酒が罷り通ることに、多大な不満を募らせています。

食中酒って、今の主流?ブーム?なんですかね。まぁブームとしても、酒販店さん発の作り出されたものでしょうし。

私も酸好きですが、纏まった味(キレ良いとかバランスよいとか)だったら良いのですが、酸だけあってもねぇ…。
酸なんていらねぇよ!と一貫している山形の某蔵元さんは、潔くて好感が持てます。そこの酒が好きかどうかは別ですが(苦笑)

投稿: 半可通 | 2008年11月13日 (木) 07時53分

ピンキーなのは、従来の巫女に近いですね。
黒(というよりはダークブラウン)巫女の方が、確かに食事との相性はいいです。が、やはり上原組の酒には大きく見劣りします。

いつか、7号を自在に使いこなす巫女を見てみたいものです・・・

投稿: トール | 2008年11月13日 (木) 23時04分

トールさん

黒茶ラベルは7号なんですか?

茶ラベルしか飲んでいませんが、同じヨネシロ使用でも豊香の方が断然好みでした。茶は甘みがあまりなくコクがしっかりで、食事なしだとちょっときつい印象でした。

黒茶は茶と比べてどうですか?

投稿: 半可通 | 2008年11月14日 (金) 10時54分

記載はありませんが、7号では無いと思います。
実は、茶はおりがらしか飲んでないので単純比較できませんが、茶は澱の旨味が残ってました。

いずれも綺麗な酸だけど、突出しすぎですぅ

投稿: トール | 2008年11月14日 (金) 16時05分

トールさん

う~ん、酸が突出ですか…。飲みづらそうなので、買うことはなさそう(苦笑)

20BYは、どんな感じになるのでしょうかね?
また新商品が出るのかな?

投稿: 半可通 | 2008年11月14日 (金) 18時39分

ピンキーは、酸はさほどでもないけど、吟醸香が気になって来ました。
冷酒には旨味が足らず、食中酒には吟香が邪魔っす(〇>_<)

自棄っぱちで開けた「浅間山 純米ひやおろし18BY」過酷環境セルフ熟成が、思いの外うまい(^^;

投稿: トール | 2008年11月16日 (日) 22時21分

トールさん

ピンキーはおりがらだとベストなんですかね?

>「浅間山 純米ひやおろし18BY」過酷環境セルフ熟成

それ花酵母でしょ?失礼かもしれませんが、意外ですね…(苦笑)

投稿: 半可通 | 2008年11月17日 (月) 10時14分

>おりがら
我々が難色を示したおりがらや偽美山錦も、今となって見ればバランスが取れてたのかもしれないです。

>花酵母
もっとキワモノかと思ってましたが、4gb千円ではピンキーより飲めました。
同価格帯の上原組よりは見劣りしますが。「思ったより美味い」

投稿: トール | 2008年11月17日 (月) 11時06分

トールさん

浅間山ひやおろしって安いですね!?というか全般的に買いやすいお値段。

浅間山の辛口は、埼玉アリーナで試飲したときの印象では、適度なドライ感と旨味のバランスに、花酵母のフラット感がマッチしていて美味しかったです。
こういう感じなら花酵母も悪くないですね。

ただH酒店まで行くのが面倒なのがなぁ…。

投稿: 半可通 | 2008年11月17日 (月) 15時28分

三鷹で売ってるですぅ

投稿: トール | 2008年11月17日 (月) 15時44分

トールさん

情報どうもです!
そうしたら、新酒が出た頃に行ってみようかな?

行ったらまず、「陶さんオススメ酒持ってこいやぁー!!」と発すれば、たてのいのSP酒が奥から…(笑)

投稿: 半可通 | 2008年11月17日 (月) 21時13分

たてのいのSP、惜し気も無く陳列されてますよ。
全在庫、迷い無く売り切る構えですぅ

投稿: トール | 2008年11月18日 (火) 10時07分

トールさん

>たてのい

陶さんに押さえられる前に買わないといけませんね。

投稿: 半可通 | 2008年11月18日 (火) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168107/25232240

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のお便り 松葉ガニ:

« (参考記録)宗玄 ひやおろし純米原酒 | トップページ | (参考記録)白瀑 秋あがり 純米備前雄町 »