« 「愛媛の酒を楽しむ会」のお知らせ | トップページ | 「地酒と料理の夕べ 2009」のお知らせ »

2009年8月 8日 (土)

お蔵拝見 「和田龍酒造」で蔵直

基本土日休みじゃない半可通にも、ETC割引の醍醐味を味あわせろやぁー!

とお盆前の平日の、ETC1,000円日に家族でドライブへ・・・。

向かった先は、棚田。

以前から棚田っていうものを見たくて・・・。

日帰りなので、出来れば2時間くらいで行けて、高速のインター近くのところを探す。なぜ高速降りてすぐの所かというと、うちの子が山道入ると車酔いして吐くから(笑)

どうもクネクネ道&加速減速で気持ち悪くなるらしいので、それを避けるためにあまり山道じゃないところを探す。

んで、見つけたのが長野県上田市にある信州稲倉の棚田

まぁせっかく長野まで行くし・・・と、この近くの酒造も調べる。日本酒ブロガーの鏡だな!(笑)

んで、どうせならマニアックなのを飲んでみたいぞ(この辺もブロガーっぽい)と探す。

前日に子供には「明日は温泉行くぞー!」と釣りえさを垂らし、案の定「温泉♪温泉♪」と子供を釣り上げ、嫁には「明日は棚田と温泉に行くぞー!」と釣りえさを垂らし、案の定「自然と温泉いいねぇ♪」と釣り上げただけで「蔵にも寄るぞー!」と一言も伝えず(笑)

 

んで、当日。

降り口の上田菅平インター近くなったら、嫁が「まずどこ行くの?棚田?」と聞いてきたので、「いや・・・、まず近くの蔵へ少し寄ります」と言うと、「あぁ、そうなの」と何とも思っていない様子。

さすがにどこかへ行くたびに蔵へ寄っていたら、さすがに慣れたみたい(笑)

ナビが「目的地付近です」と言った辺りにお弁当やさんがあったので、とりあえずそこの駐車場に車を停め、嫁が「蔵寒いかな?」(行く気満々)とか言うので「いや、ちょろっと買ってくるだけだから、ここで待っていて」と告げる。

そのお弁当屋さんで、嫁子はおにぎり&飲み物を買っている最中に半可通は酒を買いに走る・・・。

んで到着したのは、「和田龍酒造」

Dscn1454 

 

 

 

 

建物の横には川が流れていました。

Dscn1452Dscn1455 

 

 

 

 

蔵に入り、気になっていたお酒がどんなタイプかなどちょろっと聞いて、半可通好みそうな方を購入。サクッと買い、車に戻る。

そしてメインの棚田へ向かう・・・。

この辺は真田の里らしく、いたるところに六文銭のマークがありました。街灯だったり、陸橋の部分だったり。

小さい頃、アニメ「猿飛佐助」の再放送を見ていた半可通としては感慨深い(浅っ!)

それとここの棚田は、上田市が観光名所にしたいのか、役所のHPから上田菅平インターから棚田までの案内図をPDFで落とせるようになっていて、とっても便利。

なのでこれまたサクッと到着。

Dscn1458 

 

 

 

 

Dscn1459 

 

 

 

 

せっかくのビューポイントに電線が・・・(苦笑)フォトショなんてもってないぞ!

ここには湧き水みたいのが流れていて足を流せるような流しもあるし(足洗い場と張り紙もされていました)、東屋もありました。この日は日差しがきつく、かなり暑い日でしたが、この東屋のところの日陰に入ると、とてもヒンヤリ♪

燃費の悪いうちの子は、ここで先ほど買ったおにぎりをパクパク。

その後、うちの子は稲に触れようと田圃の近くまでいき、田んぼに片足をズボッ!

おかげで流し大活躍(苦笑)田圃と畑の違いを、体を張って体験していました。

その後は車でブラブラしたり、温泉に入ったりして、その後ブイーンと帰宅。

普通だったら、往復の高速代で8,800円なのが、割引適用だと3,700円ってかなりデカイ!差額で大吟買えちゃうよ!(なんでも酒)

まぁ帰りはいつもの平日よりも混んでいたし、下手糞なドライバーも多く疲れましたが、その分割安で遊べたので大満足!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 「愛媛の酒を楽しむ会」のお知らせ | トップページ | 「地酒と料理の夕べ 2009」のお知らせ »

コメント

おお、真田太平記の蔵元ですぅ(池波ファン)
何時か行きたい上田。蕎麦喰わせ~(´¬`)

温泉は如何でした?

投稿: トール | 2009年8月 8日 (土) 11時37分

トールさん

ここって真田太平記に登場する蔵元だったんですか!?
六文銭というお酒は違うところから出ているし、全然知らなかった(苦笑)

>温泉

行きたかった所がお休みでして、仕方なく街道沿いにあった公共施設っぽい「真田の湯」という温泉に入ったのですが、程よくやわらかいお湯で500円ならまぁいいかなと。
もし次行くなら、角間温泉に行ってみたいですね。

投稿: 半可通 | 2009年8月 8日 (土) 18時09分

>ここって真田太平記に登場する蔵元だったんですか!?
マンモス哀れな奴!!(キャンサーのデスマスク)
「真田太平記」ってお土産酒を造ってるです

今日のオールスター(お祭り)は、久しぶりに愉快なサッカー&晩酌でしたが、
のりっぺに持ってかれちまいました(〇>_<)

投稿: トール | 2009年8月 8日 (土) 21時43分

トールさん

「真田太平記」ってお酒は、もしかしたら並んでいたのかもしれませんが、冷蔵庫にビールやサワーが売られていた方が印象的で(笑)

>オールスター

新聞の記事でしか読んでいませんが、久しぶりにチャブングンの名を見ました。懐かしい…。

そして、何でまた韓国でJのお祭りを?(苦笑)

投稿: 半可通 | 2009年8月 9日 (日) 09時35分

 半年位前に行きました・・・ 角間温泉も良かったし、
 松代温泉が最高です!!
 鉄分の濃厚な赤褐色の温泉も温まりますよ!!
 (夏は汗かくだけかも・・・)

 ところで、いつも奥様の心の広さを尊敬してしまうのは俺だけでしょうか? (ウチの場合は間違えなくキレれます!?)

 半可通さん、そろそろ酒業界に転職しませんかぁ~? (笑)

投稿: たつなみ酒店 | 2009年8月 9日 (日) 12時06分

たつなみ酒店さん

さすが色々な所に行かれてますね~。

>松代温泉

このお湯は入ってみたい!凄い濃そう♪

そういえば、ここの温泉千野さんところの近くなんですね。昨日の試飲会は結構な人手だったようで…。
酒が目当てなのか、杜氏が目当てなのか…(笑)

>酒業界に転職

酔っ払うのは大得意ですが、酔っ払いは大嫌いなのでやめておきます(笑)
飲む・(前夜の記憶を無くし)鬱・吐くが、大得意!

投稿: 半可通 | 2009年8月 9日 (日) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168107/30866227

この記事へのトラックバック一覧です: お蔵拝見 「和田龍酒造」で蔵直:

« 「愛媛の酒を楽しむ会」のお知らせ | トップページ | 「地酒と料理の夕べ 2009」のお知らせ »