2009年7月18日 (土)

ぷちぷち 微発泡酒

サミットで購入したお酒。

とても暑くてメルティーな日に、子供と公園へ・・・。

その後、子供が公園でご飯を食べたい!と言うので、仕方なくその公園近くのサミットで、お昼ご飯を買う事になり、そのついでにビールとこれを購入してみました。

「ぷちぷち 微発泡酒」

末廣酒造

Puchi 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真撮り忘れで代用写真

アルコール度数:7度~8度

製造年月日:21年5月

値段:300ml500円くらいだった

感想

7/16

冷やしていただく。

軽い発泡感で、シュワシュワというよりは確かにプチプチした感じ。味のほうは、爽やかな甘酸っぱさに程よいオリの旨みとクリーム感で、スルスル飲める。

やや日本酒っぽくない独特の味だな~と思ったら、糖類&酸味料というのが入っている。

ウゲェ!何これ!?

ということもなく、面白い味だなぁ~という感じで飲めました。「すず音」ほど甘くもないので、万人に受けそうな味わい。

こういうのが近所のスーパーで購入できると、気軽に日本酒が飲めますね。

まぁでも、これだけ暑い日だとビールさんの勝ちでしたが(苦笑)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

花垣 梅の実しぼり 純米梅酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

液体部分がほとんどない瓶内の梅侵食率に思わず購入してしまいました。

純米仕込み、液体の無さ、梅好き(半可通)ときたら、買うっきゃ騎士(ナイト)!

「花垣 梅の実しぼり 純米梅酒」

南部酒造場

Dscn0772Dscn0773 

 

 

 

 

 

 

原材料:清酒・梅・砂糖

エキス分:20%

アルコール度数:10度

値段:1升2,100円(税込)

感想

Dscn0778  

 

 

 

 

注:梅ゼリーじゃないよ

開栓初日(3/7)

常温でいただく。

上立ち香は、梅の酸味を感じる香り。口に含むと、ピューレを飲んでいる様なジュルジュルした口当たりで、梅の旨味と酸っぱさに程よい甘みと軽いアルコール感が広がり、ス~と梅の酸味とアルコール感でフェードアウトしていき、そのまま梅の旨味と酸味でスーとキレ。喉越しもスッキリ。余韻は、梅の旨味。

うわっ!これは美味い!純米ベースだからか、引っかからずにスルッと入る。

お燗でいただく。

スッキリした甘みに酸味がフワッ!と立ち、丸くふくらんでス~とコクでキレていく。

うわー!お燗も美味い!

 

梅ピューレのようなお酒。見た目はドロドロで飲みにくそうなのに、口に入れると程よいトロトロ感だし、甘みも程々で度数も低く、グイグイとグイグイと飲んでしまいます♪ 

お燗にした方が、甘みが引っ込み、酸が主張するので甘みが気になる人にはお燗がオススメ。半可通もお燗でグイグイ飲んでいました。

しかもお燗にすると、梅効果かかなり体が温まる♪(半可通は冷え性)

んっ?何この感じ・・・。ぃやだっ、からだが、からだが火照っちゃうー!! 

梅酒でもそんなに甘く無いので、食前酒どころか食中酒になりますね。半可通はこれで食パンやカレーにパスタまで、普段日本酒とじゃ合わせないような食事と合わせても違和感はなし。

食パンなんて焼いただけで、何もつけずともこいつがあれば無敵です。食パンには常温で飲むのがオススメ。

それと家でカレーを作るのに、チャツネ代わりにこいつをドボドボッと入れてみたりしてみたりと、色々と料理上手な人だったら飲む以外にも使えそうな感じです。夏にはシャーベットとか。開けて3週間くらい台所に放置していても、ヘッチャラなところも魅力的。

梅大好きっ子には、かなりオススメ!

半可通的には「これ以外の梅酒いらねぇーや」と思うほどの一品。リピート確実。

ただひとつの欠点は、梅の果肉がお猪口や徳利にへばりついて洗いにくい(苦笑) 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)