« 「秋田の酒を楽しむ会」のお知らせ | トップページ | あいのゆめ 純米にごり »

2010年1月12日 (火)

秀鳳 特別純米 超辛口

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「秀鳳 特別純米 超辛口」

秀鳳酒造場

Dscn1999

使用米:美山錦

精米歩合:55%

日本酒度:+10

アルコール度数:16度

製造年月日:21年9月

値段:1升2415円(税込)

感想

Dscn2002

開栓初日(11/11)

常温でいただく。

上立ち香は、微かな甘い香りとスゥ~とした酸味を感じる香り。口に含むと、スッ!と立つ酸と軽くジュッとした甘みにグ~とした太めの旨みとジリ~としたコクがジュッと広がり、その後、ジュ~とした酸にジリ~としたコクと軽い苦みでジ~とフェードアウトしていき、ヒリッとした苦辛さでキレ。余韻は、辛さの爽快感。

キレのある辛口酒ではあるけれど、「秀鳳」らしいしっかりとした厚みと酸がある。美味い。

お燗でいただく。

スッ!とした爽快な酸と軽快な甘みにスキッとした旨みとヒリり~としたコクと苦みの爽快感が広がり、その後、スキ~とした旨みと酸にジリ~とした苦コクでフェードアウトしていき、カッとした苦辛さでキレ。余韻は、フワッとした甘みと辛さの爽快感。

お燗だとキレキレ。温めでもヒリッとした苦みとコクがあり、太めの味わい&辛口らしさが楽しめる。

12/5

常温でいただく。

瑞々しい口当たりに溶け込むスッとした酸と薄らトロリと感じる甘みに、グ~と地味にしっかりとした旨みとヒリ~とした苦コクが広がり、その後、ス~とした酸とヒリ~としたコクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、軽いドライ感。

初日よりも味ジュワリ。

お燗でいただく。

フワッとした酸とスッキリした甘みにク~とした爽快な旨みとコクがふくらみ、その後、ス~とした酸とク~としたコクの爽快感で引けていき、スキッとした爽快感でキレ。余韻は、薄らとしたドライ感と爽快感。

 

前半は「秀鳳」らしいしっかりとした旨味に、後半はきっちりドライなお酒。

冷や(常温)だと甘みもあり、まだ「秀鳳」らしいが、お燗だとドライ感アップで「秀鳳」っぽくない感じです。ただキレキレでも、このボリューム感を出すあたりは、しっかり「秀鳳」の系統。

お燗でも温めくらいだと吟醸香を感じて、ちょいと香りが邪魔ですが、やや熱目だとあまり気にならず。お燗にするなら、50度くらいの甘旨みホワッのスッとしたキレ感が個人的にはベストの温度帯かも。

まぁ個人的には、冬場の常温くらいの温度が「秀鳳」らしさと、いい感じのドライ感が味わえてオススメです。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 「秋田の酒を楽しむ会」のお知らせ | トップページ | あいのゆめ 純米にごり »

コメント

これはよい晩酌酒(^^v

来年の新年会向けに、今から辛口酒の組み合わせを算段してます。
睡龍、水尾、龍勢が候補ですが、秀鳳も辛口路線のアッパーverがあると嬉しいっす。

投稿: トール | 2010年1月12日 (火) 13時42分

トールさん

>来年の新年会向け

はえーよ!(笑)

これの生バージョン(21BY)が出ているので、とりあえずそれで味見をしてみては?

投稿: 半可通 | 2010年1月12日 (火) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168107/32200567

この記事へのトラックバック一覧です: 秀鳳 特別純米 超辛口:

« 「秋田の酒を楽しむ会」のお知らせ | トップページ | あいのゆめ 純米にごり »