« 「第4回 若手の夜明け 2010」のお知らせ | トップページ | 「たいら」で新年会@「会津中将」のゆりさんを囲む会 »

2010年2月26日 (金)

臥龍梅 純米吟醸生原酒 五百万石 袋吊り雫酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「臥龍梅 純米吟醸生原酒 五百万石 袋吊り雫酒」

三和酒造

Dscn2248Dscn2249

 

使用米:富山県産五百万石

精米歩合:55%

日本酒度:+4

酸度:1.4

アルコール度数:16度以上17度未満

杜氏:菅原富男(南部杜氏)

製造年月日:2009年11月

値段:4合1,600円(税込)

感想

Dscn2250

開栓初日(1/17)

冷やしていただく。

上立ち香は、糖度の高い苺のような香り。口に含むと、瑞々しい口当たりでスッとした酸にジュオッとした甘みと旨みにスィ~としたコクと微かな渋みがホワッとふくらみ、その後、ホワッとした甘みをスィ~とした酸にフ~とした軽いコクと渋みでフェードアウトしていき、軽くキッとした辛さでキレ。余韻は、微かな苦みと渋みの爽快感。

思っていたよりも香り控えめですね。

まだ多少味わいは硬いですが、充分旨みを感じる。言わずもがな、袋吊りらしい上品さが旨み♪

まだ硬さもあり一体感はないですが、個々の味わいが良いので、今後の変化がとても楽しみ♪

1/24

冷やしていただく。

瑞々しい口当たりに溶け込む瑞々しい酸とジュ~とした甘みに線は細いがグ~ンと伸びのある旨みとスキッとしたコクがふくらみ、その後、スィ~とした酸とスキ~としたコクでフェードアウトしていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、フワ~ンとした含み香と心地よさ。

初日よりも開いてふっくら♪美味い。

 

瑞々しくやや華やかな旨味と香りが上品にふくらむ吟醸酒。

香りに負けないふっくらした旨味と、フワ~とした心地よい余韻を残すキレは絶品ですね!袋吊りだからか、とても軽やかでシルキーな口当たり♪

苦みも少なく、チャイルド舌の半可通でも大満足の吟醸系のお酒。しかもエアリーに注いだら、さらにワンランク上の味わい♪

こういう香りもあり、甘みもありだけど、しっかりと米の旨味的なのを出しつつ、ふっくらと綺麗な味は、さすが「臥龍梅」。こういう吟醸系だと、グイグイ飲んでしまいますね。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 「第4回 若手の夜明け 2010」のお知らせ | トップページ | 「たいら」で新年会@「会津中将」のゆりさんを囲む会 »

コメント

冷蔵庫が許せば、4月まで引っ張りたかったです

投稿: トール | 2010年2月26日 (金) 18時12分

これの短かん渡舟バージョン早く呑みたいです。

投稿: ボリショイ荒川 | 2010年2月26日 (金) 23時59分

トールさん

来年は引っ張ってみてくださいよ、秋口まで(笑)

投稿: 半可通 | 2010年2月27日 (土) 09時22分

ボリショイ荒川さん

渡船はもうちょいしたら発売でしょうかね?

余裕があれば、袋吊りと通常バージョンを飲み比べすると楽しいですよ。

投稿: 半可通 | 2010年2月27日 (土) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168107/33086641

この記事へのトラックバック一覧です: 臥龍梅 純米吟醸生原酒 五百万石 袋吊り雫酒:

« 「第4回 若手の夜明け 2010」のお知らせ | トップページ | 「たいら」で新年会@「会津中将」のゆりさんを囲む会 »