« もろみが俺を呼んでるぜ! 会津若松①マクラ | トップページ | あのとき君は若かった。「満田屋」で昼酒 会津若松③ »

2010年3月13日 (土)

往路のお話 会津若松②

つづきから。

大体旅行するときなど、(朝の早い時間の)何時何分の電車に乗るとか何時の飛行機にという縛りがあると、あまり眠れないガラスのメンタル半可通(笑)

この日も3時半に目が覚め、そこから眠れず・・・。

それとこの日の前日は、東北地方がもの凄い大雪という天気でした。関東地方は晴れマークで大丈夫そうですが、福島辺りの雪の影響は?という不安感もあって眠れなかった感じです。

だって帰りのバスの時間が決まっているのに、行きのバスが遅れたら現地にどれだけ滞在できるか考えると、少々不安・・・。

会津若松出身の人から、雪で高速が通行止めくらうとみんなが一般道に流れてきて、その一帯がもの凄く渋滞するから、冬の帰省は電車でしかしないと聞いていたし・・・。

ですので、この日は朝からテレビの天気予報やネット等で現地の具合をチェック。すると、現代はさすがですね。

ネット上で会津のライブカメラが見れる♪

それを見る限りでは、会津の街中は雪自体も積もっていない感じ。

やたっー!これならスニーカーでもいけそうだ♪

途中の高速道の不安は多少ありますが、現地の状況がわかり一安心。

今は睡眠不足でも移動中のバスで眠れるだろし、まぁ平気でしょ!といそいそと準備して、家を出る。

最寄り駅から電車に乗り池袋へ出て、池袋からは埼京線で新宿へ・・・。

この時間だと埼京線も結構空いていて意外でした。

新宿に着き、新南口の改札を出てJRの高速バス乗り場へ向かう。

ここへは一度友人を見送るのに来たことがあるくらいで、自分が利用するのは初めて。ディズニーランド行きのバスとかもあるんですね~。

そんな高速バス乗り場には乗車時間の20分も前に到着してしまったので、朝ごはん替わりにコンビニでフレンチトーストとスタバでコーヒーを買う。

それを持ってバスの待機場所で、しばし座って待つ。

すると、半可通の横のイスに座っていた大学生くらいのシモムラファションで固めた様なカップルがイチャイチャ・・・。

うんうんいいよ、別に。

そんな隣でイチャイチャするだけで、イライラするほど器は小さくないよ。利き猪口くらいはあるから平気。

彼氏の肩にコネコちゃん(彼女)が倒れかかり、コネコちゃんの頭をナデナデ。

うんうん、いいよ別に。

毛が抜け落ちるほどナデナデすればいいさ。そんなんでイライラするほど器は小さくないよ。利き猪口くらいはあるから平気。

まぁ、彼氏とコネコちゃんの甘えた声は少々気持ち悪いけど。

すると名古屋行きのバスが発車寸前でコネコちゃんがイスから立ち上がり、「じゃあね」と言ってバスに移動しようとすると、彼氏がバス乗り場のところまで行き、そこでハグ。

ギュッじゃないですよ!ギュッー!っと、しばらくハグ。

えっ~!?(眉間にシワで、しかも眉毛ハの字)

現在朝の7時過ぎだよ?

しかも待合いには結構な人がいるし、子連れのディズニーランド行きの人たちもいるのに・・・。

お前等はラブホから出てきてホヤホヤのノリのイチャイチャかもしれないけど、寝不足のオッサンからしたら寒い!

お前等は別れを惜しんだドラマ気取りかもしれないけど、お前等正直ださいから見てる周りは感動など全くできんぞ!

この珍事に居合わせた人達の「うっわぁ・・・」という干潮の一体感といったら・・・。

そんな寒い思いをしながら、しばし待つと会津行きバスの乗車OKのアナウンスが・・・。

バスまで歩き、乗車券(プリントアウトした紙)を運転手さんに見せて、指定された席へ座る。

んで、出発。

新宿をでると、つぎは王子駅前で停車し、そこで人を乗せたら首都高から東北道へ向かう。

平日のこの時期だからか、乗車率は6割くらいでしょうかね?半可通の隣は、真面目そうな学生5人組グループの一人の女の子が座っていましたが、まぁ特に会話はなく、お互い席を立つ時座る時に言う「すいません」くらい。

こういうときに、気の利いた会話でもできる大人になりたかったです(泣)

そんなこんなで、窓から照りつける日差しが熱いほどのバス揺られ、最初の休憩場所羽生パーキングへ到着。

Hanyu

停車時間が10分ほどなので、トイレのみ。

そんでまたしばらくバスに乗り、次の休憩場所阿武隈パーキングへ到着。

Abu

この辺りに来ると、雪も残っているし、天気はいいのに東京よりもちょい寒い。

そんでまたバスに乗り、東北道から磐越自動車道に入る・・・。

それにしても全然寝れないぞ・・・。見た目と違うデリケートちゃんな半可通ボディ(泣)

 

磐越自動車道に入ると、道の脇には結構な雪が残っているし、天気も曇ってきた・・・。

え~大丈夫かよと思いつつ、最初の降車場の猪苗代営業所に行くのに高速を降りたら、雪で道路はバシャバシャだし、歩道なんて雪で見えない・・・。

薄ら雪も待っているし・・・。

Ina

ここで学生5人組や数人が降り、バスが発車。また高速に乗り、会津若松方面へ向かう。

しばらく走ると、また晴れ間が(嬉)

高速を降り、会津若松辺りに着くと雪の欠片も見当たらず。車で15分ほどなのに全然景色が違うのには驚きましたね。

そんだけ標高差があるんだなぁ~。

そんなこんなで定時より数分早く会津若松駅前に到着。

Dscn2386

さぁまずは、お昼ごはんでも食べよう♪

つづく。 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« もろみが俺を呼んでるぜ! 会津若松①マクラ | トップページ | あのとき君は若かった。「満田屋」で昼酒 会津若松③ »

コメント

福島は子供の頃家族で旅行しましたが、二十年以上前でさっぱり覚えてません。
磐越自動車道って初めて聞きました(^^;

>ディズニーランド行きのバスとかも
私の地元行きも出てるです
電車のが早いから使いませんが。

>羽生
アヴィッ!!

>阿武隈
アブ! アブ! アブ!

投稿: トール | 2010年3月13日 (土) 12時47分

トールさん

>会津

古い建物も多く残っているし、歴史好きにはオススメです。

ただ信長の野望で武将名を覚えた私にとって、蒲生氏郷=会津というよりも、蒲生氏郷=六角家のイメージが強すぎます(笑)

投稿: 半可通 | 2010年3月14日 (日) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168107/33741326

この記事へのトラックバック一覧です: 往路のお話 会津若松②:

« もろみが俺を呼んでるぜ! 会津若松①マクラ | トップページ | あのとき君は若かった。「満田屋」で昼酒 会津若松③ »