« 展示物に圧倒「末廣酒造」見学 会津若松⑥ | トップページ | ちょっと観光して帰路につく 会津若松⑧ »

2010年3月19日 (金)

また見学「宮泉酒造」の「會津酒造歴史館」 会津若松⑦

つづきから。

「末廣 嘉永蔵」から、過積載なリュックを背負ってテクテク歩く・・・。

向かった先は鶴ヶ城の近くにある「會津酒造歴史館」です。

ここは「宮泉銘醸」が経営している建物。

Dscn2468

Dscn2469

こちらは蔵の入口。

その並びにあるのが、

Dscn2470

「会津酒造歴史館」です。

まず入ると売店と受付けがあり、300円払うと歴史館に入れます。

「今でも造りはしているので、お気をつけて見学ください」と言われ、扉の中に進む。

そこにはタンク達がドーン。

Dscn2471

順路通りに進むと、造りの道具やさらに奥に進むと、撮影禁止の会津の美術品などが展示されていました。

さらに進むと、

Dscn2472

Dscn2474

小原庄助コーナー。

Dscn2475

Dscn2476

一休さんって大酒豪だったんだ・・・。エキセントリックというのは聞いたことあったけど。

こんな物もありました。

Dscn2477

性格分析。

唇をなめながらしゃべる男は性的欲求丸出しって、唇が荒れたり、乾燥しやすいタイプだからよくするわ・・・。

ちなみに女性が一度視線を向けてから、故意に視線をそらしてみせる女性は性的欲求を抱いているので、誘って損はないそうです。ぜひお試しを(笑)

まぁ普段からキモイ、ブサイク!と視線をそらされている半可通には、無意味な知識でしたが。

とこれで見学は終了。

売店に戻ると、売店のお姉さんから「うちの蔵のにごり酒をサイダーで割ったものです。よかったらどうぞ。」とグラスを渡される。

おっ、美味い。お酒というかこれ、カルピスみたいだ。

お姉さんも「カルピスみたいで好評なんですよ」とおっしゃっていました。

Dscn2478

せっかくなので、他のも試飲させてもらう。

Dscn2479

「宮泉 本醸造無濾過生原酒」

おっ、これは美味いなぁ。旨味はあるけどキリッとしていて好きな系統。でも4合で1,500円だし、もうすでに過積載だしなぁ・・・。

「細雪」

サラッとした甘みで美味い。

Dscn2480

「宮泉 純米吟醸1回火入れ」

「宮泉 純米酒」

「古典写楽 純米大吟醸」

をいただく。この「古典写楽」は、以前両親のお土産でいただいたお酒ですね。

どれも美味しいけど、値段も張るし、過積載をさらに超過してまではいいかなぁ。

あっ、そうだ!

某酒屋さんのブログで「写楽」の生を見たけど、それがあるか聞いてみよう!

※最近は酒屋さんのブログからつまらない個人ブログまでチェックしたり、アンテナ張ってますよ(笑)

売店のお姉さんに「あの~写楽の生酒ってありますか?」と聞くと「もしかして、字で書かれた写楽ですか?」と言うので、「あっ、それです♪」と言うと、「あのお酒はここでは売っていなくて会津では3軒だけなんですよ」とのこと。

「あっ、そうなんですか」と言うと、「少々おまちください!」と言ってどこかへ行ってしまった。

その間に販売所をウロウロ・・・。

このとき販売所にいた真面目そうな女子大生数人が色々試飲していて、「やっぱりあのにごり酒が美味しかったから、あれ買っていく」と言っていました。

その気持ちは分かるよ。普通に飲んでも美味いし、サイダーで割ったらそこらのチューハイよりも断然美味しいもの。

自分からは絶対試さない飲み方だけど、飲んでみたら美味しかったので、アルコールに弱い方や日本酒初心者の人にすすめるのにいいなぁと思いましたもん。

日本酒の新しい飲み方を、こういう観光地で提案する事ってステキやん。

 

なんて会話を聞きながら待っていると、「お待たせしました!ここが今いる場所で、一番近い酒屋さんがここで、駅前の方にも・・・」とわざわざ地図に酒屋さんの印と販売店の住所などを持ってきてくれました。

わざわざありがとうございます!

細かい気配りができて、きっと仕事出来る人だろうなぁ。

「わざわざありがとうございます!」と言って蔵を後にする。

でも・・・、ごめんなさいお姉さん。一番近い酒屋さんですが、また来た道を戻ってそこの酒屋さんで買って、それから鶴ヶ城に行く、という時間はないんです。ゴメンナサイ!

でもこの「宮泉」(特に生)の出来はいいですね。これなら「写楽」の生も期待出来そう。機会があったら飲んでみたいお酒です。

 

と鶴ケ城へ向かう・・・。

つづく

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 展示物に圧倒「末廣酒造」見学 会津若松⑥ | トップページ | ちょっと観光して帰路につく 会津若松⑧ »

コメント

>生酒ってありますか?
一升瓶だけあると言うシチュエーションが気になるです

投稿: トール | 2010年3月19日 (金) 11時49分

トールさん

>一升瓶だけあると言うシチュエーション

どういう意味でしょ?
「写楽の生でしたら、1升瓶だったらありますよ」みたいな展開?
それだったら四谷へ買いに行きます(笑)

投稿: 半可通 | 2010年3月19日 (金) 17時55分

ご明察恐れ入ります(^^;

いつか、関戸で買おうと思いつつ、なかなか飲めないです。

投稿: トール | 2010年3月19日 (金) 21時37分

トールさん

宮泉を試飲した感じだと、会津らしい甘めの味わいというよりは、奈良萬寄りの味わいですかね。

なので、写楽も奈良萬系統の味と予想しております。

投稿: 半可通 | 2010年3月20日 (土) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168107/33785928

この記事へのトラックバック一覧です: また見学「宮泉酒造」の「會津酒造歴史館」 会津若松⑦:

» NaviCreator.com 設置サイトランキング [無料アクセスアップNaviCreator.com]
このサイトに投稿登録すればサイトのアクセスアップは間違いなし!でも、意外と知らない人も多い。SEO対策にもってこいのサイトでもあります。 [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 11時49分

« 展示物に圧倒「末廣酒造」見学 会津若松⑥ | トップページ | ちょっと観光して帰路につく 会津若松⑧ »